お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「日本列島“密漁”最前線!」鈴木智彦×本川達雄×荻上チキ▼2018年7月31日(火)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

「日本列島“密漁”最前線!ライター鈴木智彦さんの最新取材報告」


【スタジオゲスト】

ライターの鈴木智彦さん

全員死刑: 大牟田4人殺害事件「死刑囚」獄中手記 (小学館文庫)鈴木智彦の「激ヤバ地帯」潜入記!ウナギ密漁 業界に根を張る「闇の世界」とは Wedgeセレクション

【電話ゲスト】
「歌う生物学者」で東京工業大学名誉教授の本川達雄さん

世界平和はナマコとともにナマコ ガイドブックウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書)

▼8月1日は、この夏2度目の「土用の丑の日」。国内でウナギの需要が最も増える時期です。稚魚であるシラスウナギは“白いダイヤ”とも呼ばれ、暴力団による密漁や密流通が問題となっています。

▼この番組では2年前、「ウナギの密漁と裏社会の関係」について、鈴木智彦さんの取材を基に特集を組み、大変反響を呼びました。それから2年、ウナギを巡る状況に新たな動きが出てきています。

▼また、ウナギのほかにも価格が高騰しているのが「海の黒いダイヤ」とも呼ばれる「ナマコ」です。今年5月、北海道石狩市でナマコ450キロの密漁に関わったとして、暴力団員ら17人が逮捕される事件も起きていて、乱獲による影響も懸念されています。

▼こうした状況を受け、水産庁は、ナマコを獲った場所の明示を輸出時に求める「漁獲証明制度」の導入を検討し始めています。

▼そこで今夜は、暴力団など裏社会の取材を続けるライター鈴木智彦さんによる「密漁」最新取材報告をお送りしました。そして、現場の実態を知ることを通じて、今、漁業資源の保護のために何が必要なのか、改めて考えました。

 

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================