お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

radikoタイムフリー時代に検討すべき「番組のメインコーナー以外も細かく振り返る」企画の必要性

アフター6ジャンクション

独自な視点から様々なカルチャーを研究・発信し、その先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」では…「1週間でオンエアしてきたたくさんのカルチャー情報をおさらいし、その先を目指す企画」、その名も【アトロク・フューチャー&パスト】。

この日は脚本家、映画監督、スクリプト・ドクターの三宅隆太さん(ほぼ毎日聴いている)をお迎えしました。

このコーナーのコンセプトは簡単に言えば、

●週の最後に、今週紹介したカルチャー情報や番組コンテンツを整理・復習・再解釈することでリスナーの皆さんが週末以降に楽しむコンテンツを適切にガイド

●自分が聴くべき・あるいは聴き漏らした放送はあったかな? なかったかな? あったとしたら、それをどこから聞くのかな?など、インデックスの役割も

つまり、radikoのタイムフリー機能やアーカイブ「ラジオクラウド」など、スマホ等での聴取がスタンダードになりつつある時代にマッチさせて利用を促進するための企画なのです(再放送や増刊号的なノリとはまた少し違います)。

たくさん聴いてくれてなおかつ愛に溢れる語り口の三宅さんに感謝。