お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

広島の「原爆の日」に改めて考える。「世界と核兵器と」

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

header_bg7

青木理さんのデイキャッチャーズ・ボイス。8月6日(月)は、

広島の「原爆の日」に改めて考える。「世界と核兵器と」

▼きょう、73年目の広島「原爆の日」。
▼ニュースランキングでも触れましたが、安倍総理は式典あいさつで、
去年7月に国連で採択された核兵器禁止条約には触れず、
「核兵器のない世界の実現にむけ、粘り強く努力を重ねていく」と
語るにとどめました。
(去年のあいさつでも直接、触れませんでした。)
▼一方、広島市・松井市長は平和宣言で「核抑止や核の傘という考えは
 長期にわたる世界の安全を保障するには、極めて不安定で、危険極まりない」と強調。
 (日本政府と世界の指導者にクギを刺す・・)

※世界と核兵器のいま。青木理はどうみたのか?