お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

5年前の夏 田中将大が更新したプロ野球の日本記録

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今年の夏は、平成最後の夏!そこで、今週は「平成の夏・スポーツ編」と題してお送りします。

平成25年。いまからちょうど5年前の8月9日。プロ野球の日本記録が更新されました。楽天イーグルスの、田中将大投手・マー君が、 ソフトバンク・ホークス戦で勝利し、4月の開幕から負けなしで
過去の記録「開幕15連勝」を上回る「16連勝」となりました。

9月26日に球団初のリーグ優勝を決めた試合では救援でセーブを記録。10月8日のレギュラーシーズン最後のマウンドでも、勝利。シーズンで「24勝0敗1セーブ」という驚異の成績を達成しました。前年のシーズンを、4連勝を終えていたため、足掛け2年で28連勝。それまでの20連勝というプロ野球記録も大幅に更新しました。ただただすごいとしか言えない記録ですね。

イーグルスはクライマックスシリーズも勝ち抜き、球団としても、マー君個人としても初の日本シリーズに出場が決定。対戦相手は読売ジャイアンツ。ここでもマー君は躍動します。第2戦に登板し、完投勝利。しかし「勝てば日本一」で迎えた第6戦。9回を完投するも4点を失い、シーズンで初めて負け投手となりました。ポストシーズンを含めて負けていなかったマー君に初めて土をつけたジャイアンツもさすがセ・リーグの王者です。

そして平成25年のプロ野球のハイライトは11月3日。3勝3敗で迎えた日本シリーズ第7戦。楽天の3点リードで迎えた9回表。イーグルスのマウンドに立ったのは、前日に160球を投げていた田中将大投手でした。満員のスタジアムに響く大歓声。降り始めた雨の影響か、緊張でこわばった表情にも見えたマー君は、出塁を許すも最後の打者を三振に打ち取り、見事胴上げ投手となりました。

東日本大震災から2年半あまり。東北の思いを心に秘めた選手とチームが、ファンと掴んだ日本一でした。

 

今週は「平成の夏・スポーツ編」と題して、平成の、30年間に起こったスポーツの出来事を紹介していきます。

あしたもお楽しみに。

 

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。