お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

33歳男性・番組リポーター上田航平さんの俺の5つ星『演劇部のたまり場だった日吉の三光軒』のエピソード。[伊集院光とらじおと内]

俺の5つ星

33歳男性・番組リポーター上田航平さんの俺の5つ星『演劇部のたまり場だった日吉の三光軒』

12、3年ほどまえ、慶応大学の演劇サークル時代、
週に5回ほど通ったお店が日吉駅の近くにあった中華料理屋さんの
「三光軒」です。
「三光軒」は一見、中華料理屋さんとは思えない、洋風のおしゃれな
ログハウスのような外観で、一般の住宅を、無理やり飲食店に改造したようなお店でした。
縦長の店内には、8人ほど座れるカウンターと数席のテーブルがありました。
「三光軒」は街の中華料理屋さんといった料理が人気のお店で、
僕がいつも頼んでいたのは「ディナーセット」です。
これはラーメン、餃子、チャーハン、唐揚げなどのいくつかの料理が
日替わりで、てんこ盛りで食べられるメニューでした。
ビールと1000円ぐらいのディナーセットを頼み、
毎日演劇サークルの稽古終わりに仲間たちと反省会をしていました。
お店は50歳ぐらいのご主人と奥さんが切り盛りしており、
演劇サークルの私たちの話をずっと聞いていたので、
最終的には演劇評論家のようになり、僕たちの良き相談相手に
なってくれていました。

しかし、卒業後、風の噂で「三光軒」が閉店したと聞きました。
優しかったご主人と奥さんはお元気なのでしょうか?
できることなら、演劇に打ち込んだ大学時代の思い出の味
「三光軒」のディナーセットをもう一度、食べたいです。
なにかご存知の方は教えてください。


2018年08月14日O.A.

33歳男性・番組リポーター上田航平さんの俺の5つ星『演劇部のたまり場だった日吉の三光軒』

●パーソナリティー:伊集院光
●アシスタント:竹内香苗
●調査員:ゾフィー・上田航平/ターリーターキー・伊藤那美/お侍ちゃん

 

ピックアップ