お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「補償も恩給も受けられず、朝鮮半島出身のBC級戦犯。日本に見捨てられたその実態に迫る」栗原俊雄×有光健×荻上チキ 2018年8月16日(木)(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

特集「朝鮮半島出身のBC級戦犯」
大日本帝国の一員として戦争犯罪を背負い、日本に見捨てられたその実態とは

【スタジオゲスト】
毎日新聞学芸部記者の 栗原俊雄 さん

【電話ゲスト】
戦後補償ネットワーク世話人代表の 有光健 さん

平成最後の終戦の日を迎えたきのう、各地で追悼式典が開かれました。戦争体験者や遺族は減り続け、旧日本軍に一定期間従軍した元兵士が受け取れる公的年金「軍人恩給」の受給者の数を見ると、1973年にはおよそ139万人いた元兵士本人が、昨年度末にはおよそ2万人にまで減っています。

戦後73年が経ち、戦場を経験した人の数も少なくなる中、当時、日本の植民地だった朝鮮半島などに生まれ、兵士や軍属として旧日本軍に参加し、敗戦後、戦犯として罪に問われた人たちがいます。大日本帝国の一員として、戦争犯罪を背負ったにも関わらず、戦後、「日本国籍」ではなくなったことから、補償も恩給も受けられないまま、見捨てられた人たちです。

今夜は、朝鮮半島出身のBC級戦犯などの取材を続ける毎日新聞の栗原俊雄記者をスタジオに迎え、その実態と今何が必要なのかを考えます。

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================