お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

ホラン千秋、TBSラジオ初パーソナリティ! テーマは「夏フェス!」。奥田民生もメッセージ!

ラジオワールド

毎週、週替わりのスペシャルプログラムをお送りしているTBSラジオ「ラジオワールド」。

平成最後の夏である今年の8月は、全3回にわたるシリーズ企画「ターニングポイント~平成30年の証言~」をお送りしています。

その2回目を飾るのは、8月19日(日) 20:00~21:00に放送される音楽特番『夏フェスで語る平成音楽史』です。

メインパーソナリティはTBSラジオ初登場、仕事でもたびたび夏フェスを訪れている大の夏フェス好き・ホラン千秋さん。

ゲストにお迎えするのは、今年も家族でフェス参戦を果たしたハライチ・澤部佑さんと、映画『モテキ』で夏フェスを描いた大根仁監督。

第一部では、このお2人と共に、夏フェスでの思い出を中心に、激変した平成30年間の音楽シーンを振り返ります。

大根さんは、1999年の第3回から、フジロックフェスティバル連続参戦! 初めて参加したときの衝撃のエピソードや、最近の“フェスマスター”っぷりには一同驚き!

フェス芸人としても有名で、毎年欠かさずフェスに参戦している澤部さんは、ファミリー参加で楽しむフェスの魅力を語ります。

第二部では、『ROCKIN’ON』『ROCKIN’ON JAPAN』総編集長であり、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の企画制作にも携わる山崎洋一郎さんに夏フェス運営の裏側についてもうかがいます。

星野源さんも出演していた、今は幻となったステージのエピソードや、山崎さんも思わず嫉妬してしまうフェスのエピソードなど、ここでしか聴くことのできない、運営者の視点から語られるフェスの裏側とその魅力がたっぷり!

さらには、フェスの常連であり、常連ファンからは『嵐を呼ぶ男』と呼ばれる奥田民生さんから、過去に立った伝説のステージを振り返るメッセージも!

この放送を聴けば、初心者もマニアもきっとフェスに行きたくなる!あなたも次の週末、手にはドリンク、手首にはリストバンドを巻いて、グッドミュージックに体を揺らしているかもしれません。

フェスとフェスの点をつないで、平成という歴史の線を辿っていくこのプログラム、19日(日)の20:00~21:00は、平成の音楽、フェスに想いを寄せつつ、ぜひ、TBSラジオに耳を傾けてみてください。

『夏フェスで語る平成音楽史』
◆放送日時
8月19日(日) 20:00~21:00
◆パーソナリティ
ホラン千秋
◆ゲスト
澤部佑 (ハライチ)
大根仁 (映画監督・映像ディレクター)
山崎洋一郎   (『ROCKIN’ON』『ROCKIN’ON JAPAN』総編集長)

8/19の放送は下のリンクよりお聞きになれます!

8月19日放送音楽特番『夏フェスで語る平成音楽史』はこちらからhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180819200000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)