お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

8月19日(日)のゲストは女優・大竹しのぶさん▼メッセージテーマは「夏休みの思い出」

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。8月19日(日)の放送は…

▼ゲストに、女優・大竹しのぶさんをお迎えします。

▼メッセージテーマは、先週に引き続き「夏休みの思い出」です。

ちなみに、にち10スタッフの「夏休みの思い出」は…

「高校野球をやっていたため、最後の試合で敗けた後、高3の夏休みは遊びまくる覚悟だった。まずは坊主頭をオシャレに整え、茶色に染めた。曇っていてもサングラス、香水を付け、デカい十字のチョーカーを首に下げ、ギターを少しかじった。今思うと、スーパーダサいヤツだった。結果、手にしたのは、カワイイ彼女…ではなく、毛染め液による頭皮のかぶれだけだった」(30代♂・構成作家)

「『今年の夏休みにサハリンに行くのでお土産は何がいい?』とメールしてきた母。サハリン名物など知らないのでスルーしていたら、『ウオカ送りました。』と謎のメールが。数日後、ウオッカが届いた。おそロシア」(40代♂・ディレクター)

「小学3年の夏休み。母の実家に帰省した際、母に『同級生に会うから』と近所の喫茶店に連れて行かれた。会うのは女性だと思っていたら長身の男性。楽しそうに昔話をする母を見て、子ども心に『これは父にバレたらまずい』と思い、『早く帰ろう』とダダをこねまくった。後で聞くと、幼馴染との10年ぶりの再開だったそう。空気読まず申し訳ない」(30代♂・プロデューサー)

「中学生の頃、幼馴染と浴衣で集合して多摩川の花火大会へ。河川敷に着いた途端、土砂降りに襲われ、花火も見ずにグシャグシャの浴衣で帰宅、ひどく叱られた。あれから20年、また幼馴染に声をかけ、リベンジ花火大会!台風直撃、見事中止。もう怖くて誘えません」(20代♀・おでかけリポーター)

「高校2年の時の夏休み、一度やってみたくて坊主頭に。精悍になったなと思っていたが、休み明けのクラスでが『すごく悪いことをしたんじゃ…』『大きな罪を背負っての坊主なのでは…』という噂が立ち、腫れ物に触る空気に。元に戻そうと、ワカメをすごく食べるようになりました」(30代♂・アシスタントディレクター)

「去年の夏休み、北海道の富良野に行った。目的はもちろん、『北の国から』のロケ地巡り。“純と正吉の火の不始末で全焼した小屋”を見ていたら、涙が出てきた。記念に“五郎さんのニット帽”を買った。その帽子を被って、我が家の愛猫に向かって『ルールルル』とやったら『シャー』とやられた…」(40代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、水彩画家・永山裕子さん制作のにち10オリジナルポストカードをお送りします。7月から新作に切り替わっています。Let’s ハッスル!