お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 働く者の立場からみて、サマータイム導入に賛成?反対?

森本毅郎 スタンバイ!

日本では東京オリンピックでの導入が検討される【サマータイム】ですが、EUでは廃止を検討しています。健康に悪影響だとか・・・日本は逆行しているのかしら?今週水曜日にはお天気の森田さんが気象の観点からいうと『意味がない』と、バッサリ切り捨てました。麻生財務相は『やった方が良い』と前向きな考えを示しました。皆さん、サマータイム導入について、各々考えがあります。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、今日8月17日(金)は、金曜日恒例のサラリーマンの声。レポーターの近堂かおりが、『働く者の立場からみて、サマータイム導入に賛成ですか?反対ですか?』というテーマで、街でみなさんにお話をうかがいました。

サマータイム導入に賛成?反対?http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180817073229

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

金曜日恒例のサラリーマンの声 『働く者の立場からみて、サマータイム導入に賛成ですか?反対ですか?』

★サマータイム導入に賛成です!

●「良いと思いますよ。海外で働いていた時にサマータイムで、ちょうど良いですよね、日が昇るのと日が暮れるのと、リズムが一定化される。日本も入れたらいいのにと前から思っていた。」
●「私は賛成です。明るいうちに仕事が終わるので余暇がエンジョイできる。ただそれだけです。今ですか?今は9時―5時半ですね。2時間ズレるから今の時計でいうと7時から3時半になる。そうすると3時半が5時半になるので、夏は暑いとか分からないですけど、明るい時間が長いほうがいい。酒を飲む、ビアガーデンに行く。」
●「賛成ですね。私自身、今サマータイム制をやってまして、朝6時半に会社に行ってますけど、会議とか色んなものが多くて自分の時間がないので朝早く来て最初の2時間でやること全部やって非常に効率が良いです。」

かなり少数派の意見でしたが、賛成の人がいました!ただ、最後の人は一人サマータイムだから、仕事の効率が良くなるのであって、周りが一斉にサマータイムになってしまったら、元に戻ってしまうのではないかと思いますが・・・。

★サマータイム、反対です!!

そして、大多数の方の声です。

●「サマータイム反対やね。今のままが一番都合がいい、私の働き方は。通勤が2時間半掛かってる。5時半の電車だから、その分早く出ていくわけでしょ。それはムリ。」
●「仕事では反対で、仕事上だと全部時間が、ある一日から変わるんで間違いがとても起きやすくなったりとか体調の問題とか出るので、そういう風に思います。」
●「業種にもよるでしょうけど、結局、我々みたいなほぼサービス業に近いような業務は結局時間が長くなるだけ。スタートが早くなって終わり時間はあまり変わらない。実際、働いている者としたら不安だらけ。余計な仕事というか余分な時間かかったりとかする。」
●「反対です。設定もいろいろ変更しなっきゃいけない。パソコンだったり、それがちょっと。仕事自体は今、夕活で早めの仕事で、もう仕事終っちゃった。それは別にいいんですけど、別にわざわざ時計を早める必要はないのかな。」

時計をわざわざ早める必要はない、これには思わず納得。そして、早くスタートしたからと言って、早く終れるわけじゃない。むしろ、残業が増えるかもと心配する気持ちも分かりますよね。また、今、5時半に家を出ている人は3時半になります。これはさすがにツライ・・・。今、日の出が5時くらいですから、3時半では真っ暗です!せめて、日が出てから行動したいですよね。

★IT業界の中でも賛否!?

そして、こんな業界もありました。

●「IT系のコンサルもやっているんで仕事は増えるから嬉しいくらい、そう意味では賛成。ビジネスが増える(笑)たぶん、儲かります、ITが。なので賛成!大賛成!」
●「僕は反対ですね。システムエンジニアやってるんで、えらいこっちゃになるんだろうな。逆に仕事が増える。やっぱ、前の2000年問題じゃないですけど、コンピューター全部時間で管理されているんであれをズラしていくというのはものすごい影響が出ると思う。ただ、会社としては儲かるんで、ただやるほうとしてはイヤ。(チャチャと時間だけ変える)違います。色々と大変。やっぱり時間で管理して一日というものをちゃんと管理してその中で時間を割り振ってってやってるんで、それはちょっと大変かな。やってほしくないですね。」

IT業界の中でも賛否ありました。最初の方はIT系のコンサルタント、二人目の方はシステムエンジニア、つまり実務のお仕事。やっぱり、実務の方は大変です。簡単に変更できるものではないんですね。確かに2000年問題の時も大騒ぎでしたよね。

★反対!というより不可能でしょ!

最後に、こんな声がありました。

●「反対です。不可能でしょ。大体、世の中の時間を全部ズラすなんてムリです。今まで何回もあったってそんなもん出来ないんだからさ。そんなもんムリに決まってるじゃん。無駄ですよ、そんなの討論すること自体。何のメリットがあるの?(早い時間から働いて)だって早い時間たって、早い時間に終わるだけでしょ。また次の日だって早く出るんだから一緒じゃん。24時間が26時間になるわけじゃない。そうしたらメリットあるよ。24時間は24時間なんだから、一緒でしょ。ただズレるだけでしょ。何のメリットがあるの?(明るいうちに)だって今もう明るいじゃん、夏だもん。ズラす必要なんか何もないじゃん。夜明るいし、何もメリットないじゃん。早く終らないんだから、絶対明るいうちは仕事させられるに決まってるじゃん。残業時間が延びるだけだよ。終わるわけないじゃん、だって明るいんだもん。それは仕事しろって言われる。やる時間が長くなったらさ、やれる時間が長くなるわけでしょ?長くなるんだから、そこにただ押し込められるだけ。反対以外にないって、反対って不可能でしょ、そんなこと考える自体が邪道だよ。」

ご立腹でした!!確かに、早くに行ったからといって時間が増えるわけじゃない。24時間は24時間。時間がズレるだけで何のメリットがあるのか?むしろ、残業が増えるだけでデメリットのほうがありそうですものね。早く帰れよ!と終わらせてくれるのか、まだ明るいから仕事せい!となるのか、会社ごとに違ってくるでしょうが、残業が増えそう、と心配している声が多いことから考えると・・・日本でサマータイムの実現はやっぱり厳しそうですね。

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。