お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【8月17日(金)】いまアツい「ホット系ポテチ」は本当に辛ウマだった!

ジェーン・スー 生活は踊る

8月17日(金)放送の「生活情報のコーナー」では、堀井美香アナウンサーが、「この夏、辛いポテトチップスが熱い!2018夏〝ホット系ポテチ〟コレクション」を開催!“辛いポテトチップス”を一挙に紹介していきました。

辛いポテトチップス、いまキテます。

1984年に発売された湖池屋「カラムーチョ」が、激辛ブームを起こしてから、早34年。いま再び、ホット系=辛いポテトチップスが続々と発売されていますが、これまでとは色が違うようで…

2018年7月20日の「日経トレンディ」の記事、
「激辛食品マイルド化 メーカーが語る驚愕の真相とは」には、

「暴君ハバネロ」というスナックを出している東ハトの方のコメントとして、「ある程度の辛さを好む人は多くても、『激辛』を求める層はさほどボリュームが大きくないのではないかということに気付いた」というコメントが掲載されています。

つまり、ただ単に辛い!ではなく、そこに一工夫を加えているのが、今年のホット系ポテチの特徴と言えます。それでは早速、番組が厳選したイチオシのホット系ポテチを紹介していきます!

カルビー『ポテトチップス 麻辣味』

パッケージには大きく「麻辣」と書いてあります。開けてみましょう。あ、匂いがすでに辛いです。いただきます。

「おいしいけど痺れる~~~!!!」(by. ジェーン・スー)

山椒を加えた広がる麻辣、痺れ系の辛さ、麻辣は最近流行ってますよね。花山椒を口の中に垂らしたかのような痺れ!それくらいピリピリします。(スーさんの口が腫れてきてます!)

ハウス、ヤマヨシ、湖池屋からも麻辣系のポテトチップスは発売されているそうです。

湖池屋『 7倍辛い カラムーチョ ホットチリ』

先ほど説明したとおり、1984年に発売された「カラムーチョ」は、日本に激辛ブームを起こした偉大なポテトチップス。なんと、オリジナルのカラムーチョ自体は発売から一切味を変えていないそうなんです。本家の味は変えずに、さまざまなスピンオフをリリースしているのが、ここ最近の「カラムーチョ」の戦略。パッケージに「777」と大きく書かれたこちらは、セブンイレブンの限定商品。「辛さ7倍・スパイス7倍・肉と魚介のうま味7倍」との謳い文句が踊っています。それでは試食してみましょう…

「あ、うまい!」(by. ジェーン・スー)
食べるラー油のような旨味が強いとのこと。ちゃんとテーマに沿った商品になっていますね。

山芳製菓『メラメラ。』

真っ赤な下地に、大きく「メラメラ。」と書かれたパッケージが目を引く1品。見覚えがある人も多いのでは?販売しているのは、あの「わさビーフ」の「山芳製菓」です。これは期待できそう!

「あ!とても辛いけど脂っぽくておいしい!なにこれ!」(by. ジェーン・スー)

スーさんは、辛い食べ物は得意ではないけれど、この「メラメラ」が1番気に入った様子。

以上、「2018夏〝ホット系ポテチ〟コレクションでした!

皆さんもぜひ、ホット系ポテチを楽しんでみては?
でも、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね!

 

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)