お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ソプラノからダミ声へ、OLからロックへMASACAの転身~杏子さん

コシノジュンコ MASACA

2018年8月19日(日)放送

杏子さん(part 2)
1984年、バービーボーイズのツインボーカルとして「暗闇でdance」でデビュー。1992年のグループ解散後はソロで活動し、昨年ソロデビュー25周年を迎えました。山崎まさよしさんらとのユニット「福耳」でも活躍中です。

*************************

JK:杏子さんの声! やっぱりラジオ向きじゃない?

杏子:でもちょっと・・・こう・・・夜向き?(笑)でも朝の声もダセマスヨー!

JK:なんでもいいけど(笑)特徴ありますよね。

杏子:母に言わせると、小さい頃はソプラノだったって。

JK:えっ! ソプラノ? あり得ない。

杏子:私が留守電に「杏子です。XXXX」って入れると、怒りの電話が返ってくるんです。「どうしてそんなダミ声でしゃべってるの?!」って(笑)「お母さんはカナシイ!」って。

JK:どうやってそうなったの?

杏子:ジャニス・ジョップリンとかに憧れて、大学の時にたまたま風邪を引いた状態でセッションで歌ったら、元からこういう声だと勘違いされて「いいね」と言われて。ライブに呼ばれた時、皆が求めているのはかすれた声だなと思って、わざと潰して歌ってみようかな、と。

JK:潰せるものなの?

杏子:翌日は「オハヨウゴザイマス」って声が出なくなりますけど、そういうのを行きつ戻りつしている間にだんだん。

JK:地声になったのね。しゃべってる声も低いもんね。

杏子:でも薄ーくポリープはあって、喉のケアで先生に診てもらうと「ポリープとは仲良くしましょうね」って言われます。

出水:意外というと失礼かもしれないですが、女子大卒業で、商社にもお勤めになられてたんですよね?

杏子:女子大で、しかも1~2年は寮だったんです。

JK:本当は何になりたかったの?

杏子:なーんにもなくて。学校の先生とか、公務員とか、OLさんとか・・・ただ、バンドは趣味で続けようと思って。そのためにはどうしたらいいかと思って先輩に話を聞いたら、ちゃんとしたところにお勤めして、福利厚生もちゃんとしててボーナスも出て、アフター5でバンドやったりとか土日やったらいいわよ、って言われて。なら商社かなと思って就職。それも総務部でございます♪

JK:何年?

杏子:それが恥ずかしながら、ぴったんこ1年間なんです(^^;)

JK:ははは!

杏子:半年ぐらいからだんだん私も腕を上げてきて、総務部の先輩も仕切るようになって、私このままスーパーOL行けるんじゃないかなとか(笑)でもバービーで、うっかりオーディションに受かっちゃったんです。プロのミュージシャンになるので辞めるんですけど、っていったら、うちの部長も人事の部長も笑っちゃって「何考えてるの? 大丈夫?」って。「まぁダメだったら、また戻ってらっしゃい」って見送られました。

出水:でもバービー時代は、女子大時代や商社に勤めてたことは内緒にされてたそうですね?

JK:え、なんで? ダメなの?

杏子:なんか、「ロックだぜ!」っていう感じが・・・。逆にういと、高校中退したぐらいじゃないとカッコ悪いというのがあって。本当にずっと内緒で、結局ソロになってから女子大のこともOLのこともやっと言えるようになりました。

出水:バービーボーイズは8年間の活動を経て、1992年に解散。20代の多感な時期にバンドをやって、30代半ばでソロ活動、というのは女性として揺れ動く時期じゃないかなと思うんですが?

杏子:バービーボーイーズと出会って音楽の世界に入ったので、まずは1回音楽はやめようと思ったんです。やっぱり自分の力量では追いつけないというのがあって。でも、失敗してもいいから一番自分が好きなものは何かな、と自分に問いかけた時に「LIVEをやりたい」っていうのがあった。LIVEって不思議な空間で、自分が歌いかけたことで相手が返してくれる。不思議なエネルギーの対流が合って、ふだん思いもよらないような歌い方ができたり、ダンスが出来たり。100万回のリハーサルよりも1回のLIVE。

JK:1回勝負だもんね。

杏子:そうそう。だからLIVEがやりたくて、もう1回音楽やろうって。

JK:でもLIVEってすごいじゃないですか。それこそ歌だけじゃなくて、動いて・・・強烈。

杏子:バービーボーイズがすごいのは、ギター、ベース、ツインボーカルの4人が、何にも決めていないのにステージで全員が動く。解散して10何年後かに武道館でLIVEをした時に、体が覚えているから、それぞれのポジションで歌って弾いて・・・あぁやっぱりバンドっていいな~と思いましたね。

出水:ソロになったときはさみしかった?

杏子:さみしかったですね~。不安というか。何をやったらいいかと思ったんですけど。たまたま今のオーガスタの森川さんがバービーの初代のディレクターで、それで一緒に事務所を立ち上げようということになって。と言うても30チョイだったので、失敗してもお嫁に行けばいいやと(笑)

JK:オーガスタって8月って意味でしょう。みんな8月生まれ?

杏子:私も8月生まれ、森川さんも、その時のマネージャーも8月生まれ。それでオーガスタって名付けて。その中に福耳っていうユニットが出来て、毎年夏になると事務所のミュージシャンが集まって・・・今年もまたやります。

JK:面白いわね、福耳っていう名前が。みんなどんな耳してるの?(笑)

杏子:ふつうの耳です(笑)楽屋に「福耳様」って書いてあると、けっこうプッ(*´з`)って感じです。

出水:福耳ももう20周年を迎えられるんですね。

杏子:びっくりですね。気が付いたら、もう。

JK:20年前からずっと?!

杏子:山崎まさよし君と私は、20年前からずっと一緒ですけど、他のメンバーはちとせも後から新人として入って来たり、どんどん増えて言ってます。

JK:面白いわね、1人1人声が違って。言ってみれば、オーケストラみたいね。

杏子:ほんっとに。山崎まさよしくんがTBSの「音楽の日」に出演した時に、福耳のみんなと音チェックしたら突然「俺の声は変やな」って(笑)。ええっ、今さら?!みたいな(笑)「卓也とか伸びがあってええし、秦もええ声や、俺だけミーミー言うて・・・」って。みんな楽屋で大笑い(笑)

出水:今年のオーガスタキャンプ、見どころはどんなところでしょうか?

杏子:20周年ということなので、ミュージシャン同士のコラボというのがまずひとつ。それからフードコートも、各ミュージシャンがプロデュースしているので。結構メイクしている楽屋で、誰のが先に売り切れた、とかで盛り上がる(笑)私は私、誰は誰、って各自プロデュースするので、売上が気になって負けてられない(笑)

JK:今年は何をやるの?

杏子:まだシークレット。でも、去年も早く売り切れたんです。だから今年も!

JK:食いしん坊の杏子だからね(笑)

杏子:音楽を聴きながら、美味しいものを食べながら、最後は花火を上げるので、ぜひ楽しんでいってください。

********************
Augusta Camp 2018 ‐20th Anniversary –
【日時】2018年9月23日(日)開場12:00/開演14:00
【会場】富士急ハイランドコニファーフォレスト
【料金】:¥8,000-(税込)
【出演】杏子/山崎まさよし/岡本定義(COIL)/あらきゆうこ/元ちとせ/スキマスイッチ/長澤知之/秦基博/さかいゆう/浜端ヨウヘイ/竹原ピストル/松室政哉/村上紗由里 and more

公演名:Augusta Camp 2018 –前夜祭–(公開リハーサル)
【日時】2018年9月22日(土)集合18:00 / 開場・開演18:30
【会場】富士急ハイランドコニファーフォレスト
【入場方法】福耳Newアルバム『ALL TIME BEST 〜福耳20th Anniversary〜』、『シンガーとソングライター〜COIL 20th Anniversary〜』、完全受注生産盤『福耳宝箱』に封入されているAugusta Camp 2018前夜祭チケットでご入場いただけます。
********************

JK:杏子さんにとってのマサカ、どんなものが出てくるかな?

杏子:やっぱり一番は、バービーボーイズに出会ったことですよね。音楽は趣味でやるものだと思っていたので。LIVEハウスでたまたま対バンで出た時に、リーダーの今道君が「来月ゲストで出てくれない?そのためにツインボーカルで曲を書くから」って言われて。それが「暗闇でdance」っていう、男女の痴話げんかの曲なんですけど。その時はOLの制服を先輩に内緒で借りて、ばーっと振り回して(笑) ジャケット投げちゃった。そしたら却って来なくて! 会社でジャケットを出してもらうには、いろんな偉い人のハンコがいるんですけど、どうにか先輩に内緒で出してもらって・・・

JK:ちょっとやりすぎだな~! やる前に考えとけばよかったね、紐でもつけとくとか(笑)

杏子:バービーでオーディションに合格した時はまだOLだったし、本当にミュージシャンとして進んでいくとは思ってなかった。

JK:本当に出会いですね。出会いってクリエイティブなんですよ、思ってもみないクリエイティブが始まる。だから出会ってみないとね。自分ひとりで考えててもしょうがない。

杏子:今道君が「バービーボーイズの今道です」っていって、私たちのバンドを偵察しに来たんですけど、あの時からマサカが始まったんだな~って。母親は今でも「え~まだ歌ってるのぁ??」って言いますけどね(笑)「大丈夫、1人でさみしくないの?母さんはそれだけが心配」って!

*************************


福耳結成20周年記念! 2018年8月22日より2タイトル同時リリース!
「ALL TIME BEST ~福耳20th Anniversary」
「シンガーとソングライター ~COIL 20th Anniversary」

全シングル作品+最新楽曲「八月の夢」をリリース。
杏子さんもボーカルで参加しています。

*************************

=OA楽曲=

M1. 八月の夢 / 福耳