お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

噛むこと×ダイエットのキーワードは・・・スピード!

ジェーン・スー 生活は踊る

「噛むこと」が、いかに日々の生活や、私たちの体に必要なことなのか。
月ごとのテーマに沿ったスペシャリストに、
「噛むこと」で得られる、“からだにいいこと”を、伺っていく「火曜日は噛む曜日」

8月のテーマは「噛むこと × ダイエット」

今月の噛むことエキスパート「噛むことアンバサダー」は、東京工業大学の林直亨 教授。本日は、「キーワードはスピード!」について、お伺いしました。

エネルギー消費量を増やす簡単な食事方法って…?

よく何回噛みましょうって話があると思うけど、噛む回数と食べる速さは ほぼ直線関係。
つまり、どういうことかというと、よく噛むと食事時間がのびる食事時間を伸ばすとよく噛むようになってしまう
つまり、痩せたい人は、食事のときに回数ではなく「スピード」を意識。 「ゆっくり食べる」と良い。 もっと噛み砕いた説明をすると、「味わって食べる」ということ。これ一番いい指導だと思う。

つまりダイエットしたいなら早食いはダメ。実験でもそういう結果が…?

急いで食べるグループAと、できるだけゆっくり食べるグループBで実験。
*食後3時間のエネルギー消費量は、Aが平均15 kcal、Bが30 kcalを消費、2倍近い差が実際に出ている。

早食いが太りやすいのは、なぜですか?

食べるスピードが早い人は、まず、たくさん食べちゃってるというのがある。
その上、エネルギーの消費量も少ない。だからゆっくり食べる人に比べて、 たとえ同じ量の食事だったとしても太りやすいんです。

 

来週は、「ゆっくり味わうと、体脂肪が年間2キロ落ちる」 について!お楽しみに!