お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

現代版「海離れ」対策には現代版「海の家」?

森本毅郎 スタンバイ!

きょうは、「海離れ」の対策をされている、現代版「海の家」? について、8月23日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で取材報告しました。

夏休みも後半戦に入って、最後の夏を満喫する学生さん達も多いと思いますが、そんな今年の夏休み、海に皆さん行ったのでしょうか?というのも、最近、こんなビックリする海に関する調査が発表されたんです。日本財団の海野光行さんのお話です。

★若い世代の「海離れ」

日本財団 海野光行さん
海に対して、国民がどういう意識をもっているか調査した結果、若い人ほど海への親しみを感じてない。数字としては、10代の42・5%20代も36・3%が海への親しみを感じていない。若い人ほど親しみを感じてない。これは、明らかに「海離れ」若い世代の「海離れ」といえると思います。

若い人の海離れが、昔に比べて、増えているんです。とくに、10代~20代に多くて、10代では、4割以上が海嫌い・・・だから、今年の夏休みに海に行っていない人多いのではないかと思って・・続いては実態調査!渋谷の街の10代~20代のみなさんに最近海に行ったのかどうか、質問するとこんな答えが返ってきました!

★街の若い人は海が大嫌い!

●「まず日焼けがイヤ!小さい頃に海行って、砂がつくのは嫌だなと思った。全然行ってない。もう10年くらい行ってないかもしれない。
●「海行かないですね。海しょっぱいので、水入るとき抵抗あるかな。プールの方が室内だったら、紫外線がないので、日焼けしないですし、
やっぱり、年齢重ねるとシミになると聞いて心配になったので。
●「肌が焼けるのも嫌だけど、砂! 着替えた後とか服に入ったり、家に帰ったあとも荷物の中に砂入っててストレスで、もう行かない。今年はナイトプールとか行ってて、日焼けしないし、イルミネーションとか、海は、自然のままだから、高いヒールとか履いてっても砂浜いくと沈む・・・防水のスマホケースとか買って、プール行ったけど、海の方が、なくしたら取りにいけないし、プールなら、監視員がどうにかしてくれるけどそれもストレス!ベトベトするし、海は遠くから見るのが一番いいかなって。

海離れは、数年前から、言われていましたが・・・

その頃は「日焼けが嫌だ」「砂が嫌い」が主な理由でした。ですが、最近は、「海よりナイトプール」「スマホを落とすの怖い」といった、現代ならではの理由が重なり、さらに海離れが加速しているんです。

年々加速するこの「若い人の海離れ」ですが一方で海側も対策に出ていた!特にいま、新しい海の家があると注目されているのが「三浦海岸」なんですその名も「夏小屋」を経営している窪島剣璽さんのお話です。

「夏小屋」を経営している窪島剣璽さん
大きなアイランドバーカウンター海の景色を見ながらお酒料理を楽しんでもらう。もう一つは、VIP席ということで、砂がつかないデッキにあるソファ席。もう一つは、フレスコボールというスポーツのラケットの貸し出し。ブラジル発祥のラケットスポーツがありますが、その貸し出しもしてます。手ぶらでバーベキュー(BBQ)もあるので、残暑とか9月はBBQとかスポーツで楽しんで、海に入るの嫌だなという方も、新しい発見を見つけられるかなと思います。

この「夏小屋」には、海岸の浜辺から一度も砂に触れずに入れる仕組み屋根も日よけも完備で日焼けしない、砂つかないなど、さきほどの「海離れ」の人から出てきたNGワードに全て答えてるんです。私も昨日お邪魔しましたが、本当に海の家というより海外のカフェテラスお酒も豊富でビール、焼酎、カクテル、ワインにシャンパン、ドンペリまで!料理も豊富でレストランみたい!

実際に、きのう水着も着ていない人が多かったので、伺うと利用者のみなさん「夏小屋」でこんな楽しみ方をしていました!

★夏小屋利用者はみんな、海入らない!

●「やっぱり、ソファから見える、海がすごい良いなと思って、あとインスタ映えするお店なので、好きです。海には入りません。
●「群馬から来たんで、海のないところなので、海は多分、十数年ぶりとか。海は怖さがあるので、あんまり好きではない。でもこういうカフェテリアみたいなのもオシャレで良いと思います。バーカウンターに女性と一緒に来たら、良い時間が過ごせそうですよね。
●「海の家来て、海入らないで、飲んで帰るみたいな。海を見ながら飲みたいから、ソファがあって、ジャグジーもあって、素敵な海の家。
●「地元です。海の家のイメージが全然違った。ゴザがある昔の三浦海岸の海の家じゃなくてビックリ。砂もつかない、オシャレ、音楽も良いし、すごい良い。

みなさん色々な楽しみ方をしていて、実際、三浦海岸の利用者は増えてる今、全国の海はピークだった1985年の3790万人から、2016年には730万人へと2割以下に激減しているんですが・・・三浦海岸は今年、去年の2割近く増えてきているんです。

と、海離れ対策の「夏小屋」なんですが、さらに、若い人に人気の理由はもう一つ、こんな理由があったんです!

★夏小屋人気の最大の理由は「IT化された家」

「夏小屋」を経営している窪島剣璽さん
私は都内で、ITの会社を経営していて、ネットとかSNSを使った広報活動はツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどはもちろんですが、何名かのスタッフが常にオンラインで接している状態で、事前予約もそうですし、事前決済までできたりする。BBQの事前決済はピーティックスというアプリで可能。最近の若い方は、ネット予約抵抗ない。BBQをやりに来て会計がわずらわしいので来たらBBQが用意されていて、食べたら帰るだけというお客様もいます。

東京から来たIT経営者が中心となって営業している進化型だったんです。ただ、いきなり東京の人だけではできないので、地元の人も一緒に参加して、この夏小屋を運営しているので、それが三浦海岸が人気の理由なんですね!

ちなみに、夏小屋の紹介で出てきたフレスコボールについては、三浦海岸で8月25日、26日の2日間で大会も行われます!ご興味ある方はぜひ!

————————————————
フレスコボールジャパンオープン2018
2018年8月25日~26日(2日間開催)
9:00~17:00
http://www.frescoball.org/japanopen/2018/
————————————————

竹内紫麻の「現場にアタック」
TBSラジオクラウド」でお聴き頂けます。
(無料登録で放送の1ヵ月後まで試聴可)
TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」
月~金 6:30-8:30 放送中。
FM90.5MHz、AM954kHz。
「 radiko 」でもお聞き頂けます!