お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【8月23日(木)】『常磐津』自ら解説!歌舞伎の楽しみ方は・・・これだ!

ジェーン・スー 生活は踊る

8月23日(木)放送の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーでは、笑い屋・常磐津で常磐津佐知太夫(ときわず さちたゆう)として活躍する、シゲフジ・ギョウさんがゲストに登場しました。

 

「常磐津(ときわず)」というのは、歌舞伎役者が演じる右端で、三味線を弾きながらシーンを語りあげる、BGMのような存在。とはいえ、常磐津以前に「そもそも歌舞伎についてよく知らない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は変わりつつある現在の歌舞伎事情とともに、歌舞伎の楽しみ方のポイントを教えていただきました!

①勉強しなくてもOK!まずは役者の演技に酔いしれるべし!

「前もって知識が必要なのかも?」と感じる歌舞伎ですが、大前提として、知識がなくて見ても楽しめるもの。初めての方も、まずは何も考えずに歌舞伎に触れてみましょう。知らないからこそ、その迫力やかっこよさをダイレクトに感じることができます。

また、わからない言葉を知りたいときは、歌舞伎座に行けばイヤフォンガイド(有料)があります。同時通訳的に解説を聞けるので、その場で勉強することもできるんです!

 

②好きな出演者・推しメンを見つけるべし!

シゲフジさん曰く「登場人物・キーパーソンの状況を見れば、ストーリーは必ずわかる」とのこと。歌舞伎の舞台では、重要人物以外は固まっているため、舞台で動いている人を見ていればストーリーがわかるので意外とわかりやすいものなのです。

 

特に、テレビでもよく見かける、役者が寄り目になって見得を切ったり、赤い髪を振り回したりする伝統的な動作は、「ここから俺を見てくれ!」という合図だそう。しかも、始まる際はドーンと派手な音がなるので、そうなったら動きのあるところに注目すれば大丈夫。その過剰な演技もかっこよく、歌舞伎の醍醐味のひとつになっています。

 

さらにオススメの楽しみ方が、自分と同年代の「推しメン」を見つけること。伝統芸能でも、役者さんの心が透ける瞬間があるからこそ、同年代の役者さんを推しメンにすることで、より一層歌舞伎に愛着がわきます。そして、スーさんの推しメンとしてシゲフジさんがおすすめするのは、十代目松本幸四郎さん。シゲフジさんからスーさんに、十代目松本幸四郎さんグッズの隈取りフェイスパックが贈られました。

ちなみに、歌舞伎の「赤の隈」は正義の象徴、「青の隈」は悪の象徴らしいですよ!

 

③手頃な価格で体験出来る!幕見席を体験すべし!

歌舞伎座では11時から21時までで、歌舞伎の公演が6本ほど行われています。本来であればラグジュアリーな歌舞伎体験がおすすめですが、お試しで歌舞伎体験をしたい方におすすめなのが、「幕見席」という席の利用です。その料金は、なんと1,000円ポッキリと本当にお手頃。1日没頭すれば必ず歌舞伎にはまってしまうことでしょう。

このように、歌舞伎は敷居が高いものではなく、気軽に体験できるもの。ぜひ歌舞伎座まで足を運んで、歌舞伎の魅力に触れてみましょう!

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)