お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

モンハンを徹夜でやった翌日の舞台のリハーサルにて、“倒れる芝居”中にそのまま寝てしまった岐洲匠

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■モンハンが発売することをキャストみんなに心配されていた

「マイゲーム・マイライフ」の番組最年少ゲスト記録が更新されました。俳優の岐洲匠さん、なんと21歳です。
番組内のトークの中でも、ゲームをやりすぎて“やっちまった話”は至高。30代以上のゲストは、何年も何十年も前の“やっちまった話”を披露することが多いですが、21歳の岐洲さんは、その若さ溢れる体力ゆえに比較的現在進行形でゲームをやりすぎているようです。
『モンスターハンターワールド』が発売した日に、徹夜でやり続けてしまったという岐洲さん。翌日の舞台に思いっきり支障をきたしたのだとか。


岐洲「舞台のリハーサルの途中で攻撃食らって、やられるんですよ。それで倒れるんですけど、倒れてたらそのまま寝ちゃって(笑)」

宇多丸「ああー(笑)」

岐洲「それで、おしりパーン! って叩かれて」


宇多丸「なに寝てるんだ! って。寝てた理由がまさかモンハンが発売したからっていうのは、これは今だから言えるけども」

岐洲「今だから言えるけど、あのときは……。まあでも、キャストは知ってたんですよ。モンハン出てたからって」

宇多丸「岐洲さんともなれば」


岐洲「みんな心配してたんですよ。モンハンが出ることに対して」

それにしても、過去ゲストの話を聞いていても、モンハンほど人をダメにするゲームはないのではないかというくらい、モンハンで失敗しているゲストの多いこと。つくづくカプコンはとんでもないゲームをこの世に生み出してしまったものです。

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

(24時間、平気でゲームを続けることについて)

岐洲「今は若いので、無理するなら今だな! って思ってます」

宇多丸「長時間ゲームをするなら今だ。すごい。青春の使い方が……」

岐洲「完全に間違ってますよね(笑)」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

↓↓ 完全版トークはこちらから ↓↓

モデルでプロ雀士・岡田紗佳さんが、TBSラジオ「プレイステーション presents ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」の収録時に体験したPS VRの模様を配信中!

【作品情報】
PlayStation®4(PlayStation®VR専用)用ソフトウェア『Knockout League』
©Grab Games, LLC
国内発売日:未定

ピックアップ