お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

金沢の「べろべろ」って?

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今週は、一週間、皆さんからいただいたお便りをご紹介してまいります。

今日は、金沢市におすまいのノリヨシさんからいただきました。
金沢市には「べろべろ」という名の料理があります。
別名「えびす」とも呼ばれます。
私は子どものころから「べろべろ」と言っていましたが、妻は「えびす」と言っていたようです。
これは、ダシ・醤油・砂糖で味付けをした寒天液に溶き卵を入れて、冷やし固めたもので、四角く切り分けて食べます。うす茶色の寒天のなかに、ひらひらと卵が浮かんでいるように見えて、食べると、あまじょっぱい味がします。私は料理としてではなく、お菓子として食べていました。日常的に食べるものではなく、正月や氏神さまのお祭りのときなど、どちらかというとハレの日に食べます。以前は家で作っていましたが、近頃はスーパーの惣菜売り場でも見るようになり、ほとんど作ることもなくなりました。ときどき思い出したように、スーパーで買って食べています。

さて、金沢の「べろべろ」。
なぜこんな不思議な名前がついたのでしょう。
諸説あるようですが、一説には、食感がその由来だと言われています。
そして、ノリヨシさんもお便りでおっしゃっていますが、呼び方がほかにもありまして、地域によっては、「ゆべし」「えびす」「べっこう」といった名前でも呼ばれています。
「ゆべし」は石川県輪島市のお菓子の「ゆべし」に似ているから。「えびす」という名前は、この「ゆべし」がなまったものだと言われています。
そして、「べっこう」は、かんざしなどをつくる、あの鼈甲が名前の由来です。
写真を見ますと…ちょっと透き通っていて、ゆらゆらとした模様が入っているところ、確かに鼈甲に似ていると思います。

金沢市のノリヨシさん、お便り、ありがとうございました!

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。