お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【音声配信】「トルコの通貨リラが急落。通貨危機は何をもたらすのか」竹森俊平×土田陽介×荻上チキ▼2018年8月28日(火)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

「トルコの通貨リラが急落。通貨危機は何をもたらすのか」

【スタジオゲスト】
慶應義塾大学経済学部教授の竹森俊平さん

【電話ゲスト】
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部・研究員の土田陽介さん

1997年――世界を変えた金融危機 (朝日新書 74)

 

今月10日、トルコとアメリカとの関係悪化などを背景にトルコの通貨「リラ」が急落。7月末には1ドル=4.9リラでしたが、今月中旬には一時7.2リラまで下落し、対ドルで過去最安値を更新しました。

その影響を受け、各国の株式市場は軒並み下落。13日の東京株式市場でも、一時下げ幅が400円を超え、トルコとの経済関係を強化している日本企業への影響も懸念されています。

今年に入ってアルゼンチン、ブラジル、南アフリカなどでも連鎖的に通貨が下落していて、中東最大規模のトルコ経済の失速が、新興国全体に広がるとの懸念も出ています

過去には、1997年にタイのバーツが下落したことに端を発した「アジア通貨危機」が発生。世界経済そして日本経済にも大きなダメージを与えました。

そこで今夜は、“通貨危機”はいったいどのようなメカニズムで起きるのか?そして、世界経済にどんな影響を与える懸念があるのか、専門家に詳しく伺いました。

 

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================