お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

使えば使うほどフワフワになるタオルって?

ジェーン・スー 生活は踊る

まだまだ暑い日が続いていますね。タオルを持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。そこで、「ユニークな最新タオル」を特集!普段使いやプレゼントにもぴったりなタオルを試してみました。

使えば使うほどフカフカになる「育てるタオル」


最初はフカフカ。でも使ううちにだんだんゴワゴワになってきてしまうのが普通のタオル。
肌に当てるものとして使っていたのが、靴磨きや台ふきん、そして最後は雑巾として使われるという家庭も少なくありません。この「育てるタオル」は、なんと使えば使うほどふかふかになるんです!通常のタオルの糸は、一定方向に捻られて作られていますが、「育てるタオル」に使用されている糸は、一度捻った後に逆方向にねじり直す手間を加えています。この工程を加えることにより、糸の隙間に空気を多く含み、ふかふか感が出るんだそうです。また、毛羽落ちが少ないのも特徴の一つ。毛羽落ちが少なければ、繊維の痩せ細りも少なく、柔らかい風合いや吸水力などが持続します。1ヶ月使ってみたタオルと新品のタオルを比べてみても、へたっておらず、むしろ厚みが1.5倍くらいになっています。使えば使うほど厚みが増す様子は、まさに「育てる」という言葉がぴったりなタオル。
バスタオルのお値段は税抜き4500円〜。他にもフェイスタオルタイプなど種類があり、インターネットや伊勢丹新宿店でも購入できます。

たった1秒で吸水する「1秒タオル」


「1秒タオル」の特徴は、なんといってもその吸水力。綿が持つ不純物や油分、そしてタオルを織るときに必要なのりを徹底的に洗い落すことによって、非常に高い吸水性が得られているそうです。そして「1cm角に切ったタオルを水に浮かべた時に、何秒で沈み始めるか」を測定する吸水性の試験があるそうなのですが、この「1秒タオル」は、1秒以内に沈み始めるのです!この試験において、日本のタオルの一般的な基準は「60秒以内」ということですから、この「1秒タオル」が抜群の吸水性を持っていることが分かります。

使ってみたスーさんの感想は・・・
サイズは、ちょっと大きめのボディタオルのようなイメージ。綿以外の素材で水をよく吸うタオルというのは珍しくないですが、「1秒タオル」は綿のタオルにもかかわらず、すごくよく水を吸うしかも、水を吸ってもタオルが重くならないと言うので驚き。

「1秒タオル」のお値段はフェイスタオルが税込1080円で、他にもサイズがあり、インターネットから購入ができます。

拭くだけで化粧が取れるタオル「メイクオフレスキュー」

「メイクオフレスキュー」は水を含ませるだけでメイクが落ちるスグレモノのタオルです。サイズはかなり大きいアイマスクといった感じで、顔がほとんど隠れるくらいの大きさ。触り心地はポリエステルのマイクロファイバーのように柔らかい手触り。特殊な編み方でできており、水を含ませることによってタオルの繊維がメイクを吸着し、水だけでメイク落としができるのです。

実際にメイクを落とせるの?スタジオで実験してみた

実際に化粧が落ちるのか、スタジオで実験をしてみました。
番組ディレクターの顔の化粧半分をこの「メイクオフレスキュー」で落としてみます。

水を吸い込ませて、顔を拭いてみると、たしかに濃いアイメイクも水だけで落ちていきます。

「メイクあり」

「メイクレスキュー使用後」

使用感としても、肌がつっぱらないので肌が荒れる感じもありませんでした。
この「メイクオフレスキュー」は洗濯機で洗えば繰り返し使うことができるという点も嬉しいですね。
お値段は税込2999円、インターネットから購入できます。

日常生活は、タオルの使い心地が変わるだけで気分も上がりますよね。みなさんも優しいタオルに出会ってください!