お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

間違ったダイエットがやせていても糖尿病を招く!?

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

今週の「再春館製薬所 健康一直線」では「間違ったダイエットが、やせていても糖尿病を招く」と題して、順天堂大学大学院医学研究科・スポートロジーセンターの河盛隆造先生に伺いました。やせ願望の女性が炭水化物を取らない一方、やせ願望の女性の体内では筋肉が運動のエネルギー源としてブドウ糖を作るため、結果的に自らの筋肉のたんぱく質を分解することになり、筋量が低下してしまいます。これに脂肪分の多い食事が相まって、脂肪肝・脂肪筋になります。やせ願望の女性は、まず食事が大事です。炭水化物をきちんと取って、脂まみれの内容を見直し、野菜や海藻類は食事の前半に、それから肉・魚のたんぱく質とご飯・パンの炭水化物をしっかりと取ること。次に運動です。筋肉量を増やすにはレジスタンス運動(筋トレ)で、筋肉内の脂肪を燃やして「質」を高めるには、有酸素運動が有効。また、睡眠不足は、インスリンの働きを低下させるので注意しましょう。