お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

お酒飲んだら顔が赤くなるのはなぜ?

ジェーン・スー 生活は踊る

9月5日(水)放送の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーではゲストに医師で医療ジャーナリストの森田豊さんをお迎えして、「お酒の医学」と題してお話を伺いました。

顔が赤くなる人とならない人の違いは?

「お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人と、赤くならない人」がいますが、その違いの理由は何だかわかりますか?顔が赤くなるか、ならないかの違いは、遺伝的に決まっているんです。日本人の遺伝子を調べてみると、44%の人は、少ない量のお酒ですぐに顔が赤くなる、お酒に弱い体質なんです。これは、アルコールを分解する酵素の働きが、遺伝的に弱いか、欠けているんです。

欧米人では、酒に弱い遺伝子のタイプを持っている人は、ほぼ0%ですから、言い換えるとほとんどの人が、お酒に強い体質ということになります。)

慣れて赤くなりにくくなってきた人は?

お酒に弱い人、すぐに赤くなる人も、つきあいで飲んでいると多少は強くなりますが、それが最も危険なんです。なぜなら、すぐに顔が赤くなる体質の人が、付き合いでお酒を飲み続けると・・・食道がんになるリスクが、56倍も高まるんです!

お酒が飲める人にとって、お酒は一長一短

適度のお酒は、アルツハイマー型認知症の発症リスクを下げる!という研究があります。

・ビール: 一日おおよそ中瓶一本のビールで、リスク2分の1に (厚生労働省)

・ワイン: 1日グラス3杯で、リスク4分の1に (フランス、ボルドー大学)

 

ただし、飲み過ぎると逆に認知症のリスクを高めます。

・月に1回以上、飲んで騒ぐ経験のある人は、リスク3倍以上

・年に2回以上、酔いつぶれる経験のある人は、リスク10倍以上 (ヘルシンキ大学)

休肝日って意味あるの?

肝日を作っても、ほとんど肝臓への負担は変わらないという意見が多いです。肝臓への影響は、結局は、1週間に飲むお酒の総量によって決まります。「休肝日をつくったんだから、その分、別の日はしっかり飲める!」と思っている人も多く、そういう人たちは、休肝日のために一週間のお酒の量が多くなっています。欧米では、休肝日が肝臓を救うという日本人の考えを、古い迷信だ!とする意見も多いです。

二日酔いになってしまったら

森田さんが一番おすすめするものは「トマトジュース」です。最近の研究によると、体からアルコールがなくなるスピードが速くなるという結果だったそうです。トマトジュースとアルコールを同時に摂取すると、トマトジュースを飲んでいない場合と比較して、血中のアルコール濃度や体内に留まる量が平均で約30パーセント減少。体内からのアルコール消失も50分早まることが確認されたそうです。

トマト酎ハイとか、ブラッディマリーなんてお酒は、お勧めです。

また「はちみつ」もいい。はちみつに入っている果糖(くだものの糖分)が、アルコールの分解を促してくれ、「二日酔いの頭痛を解決する最も有効な方法」と全米頭痛財団が、太鼓判を押しています。