お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

武田軍vs上杉軍 あの歴史的戦いが行われた日

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

永禄4年の9月9日から10日にかけて、ふたりの名武将の知恵と力がぶつかる、激しい合戦が行われました。
「八幡原の戦い」です。

ときは戦国時代。
甲斐の武田信玄と、越後の上杉謙信が、北信濃の支配権を巡って数回にわたって激しい闘いを行いました。
この数回にわたる戦いの総称が、あの有名な「川中島の戦い」。
そして、中でも、もっとも激しかったと言われるのが【第4次の合戦 八幡原の戦い】です。

数で勝る武田軍は、軍を二つにわけて挟み撃ちにするという、いわゆる「啄木鳥戦法」を考えていました。
まず背後から上杉軍を攻めて、追われて山を下りてきたところを、鶴の羽根のように配置した隊列で待ち受けるという作戦です。
しかし、上杉軍はこの動きを事前に察知、夜の間に山を下りていたのです。夜が明けて、朝霧が晴れてゆくと、武田軍の目の前に現れたのは、上杉軍。ここから両軍の本陣同士がぶつかりあう激戦がはじまりました。
また、この戦いでは、信玄と謙信の直接対決もあった、と伝えられています。

さて、歴史ファンの間では、有名な「川中島の戦い」。
この戦いがイベントとして再現されているのをご存じでしょうか。

山梨県笛吹市で行われる「川中島合戦戦国絵巻」。開催は、10月28日です。
こちらは、一般から募集した参加者が、鎧をまとって参戦。
シナリオに沿って武田軍、上杉軍に分かれて、合戦絵巻を繰り広げます。
会場は、笛吹川の河川敷ですが、リハーサルを終えた戦国武士たちは、市街地を通って、会場に向かうそうです。現代の街を行く鎧姿の武士、そんな不思議な光景もこのイベントの見どころだそうです。

山梨県笛吹市の「川中島合戦戦国絵巻」。
歴史がお好きな方は、この秋のお出かけのご予定に入れてみてはいかがでしょうか。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。