お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは『ゴッドサイダー』の作者、巻来功士先生でした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:00〜24:29。第63回(2018年9月8日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

サンドウィッチマン×25人のジャンプ漫画家の、担当編集者も知らなかった驚愕のトークを掲載!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』単行本が全国の書店で発売中!定価:本体1300円+税。表紙は「ろくでなしBLUES」の森田まさのり先生です。

カラーバージョン サイズ変更

「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!


9月8日(土)のゲストは『ゴッドサイダー』の作者、巻来功士先生でした!

伊達:これ(『連載終了』イースト・プレス刊)はスゴイ漫画ですよね、本当に。
巻来先生:ありがとうございます!
富澤:読み方によっちゃ編集者さんとのバトル漫画ですよね。
伊達:いや、そうなんですよ。「ふざけんな(怒)!」みたいな(笑)。
巻来先生:「少年ジャンプ」はバトルがあってこその友情ですから、戦いがあった後にだいたい友情が生まれるじゃないですか。それを描いたんですね。
伊達:ははははは!
富澤:まず戦うんですね?
巻来先生:はい戦うんです(笑)。だから今は、編集者さんみんな友情溢れる人たちばっかりなので。
私にとって親友ですね。
サンド:ははははは!

巻来先生:連載終了17回経験していますから。なかなかいませんこういう漫画家は。描いては終わり描いては終わりしてますから。
伊達:でもそれだけ始まるっていうのは…
巻来先生:期待してはくれるんですよね、編集さんが。それで連載するんですけどすぐ終わっちゃう(笑)。
富澤:ははははは!
伊達:スゴイですね。でも期待してもらうっていうのは大事ですよね。
巻来先生:近頃その期待もちょっと薄れて来たかな…
伊達:そんな事ありませんよ!先生。そんな事ありません!


巻来功士先生とのトークは次回に続きます!


巻来功士先生が17回経験したという連載終了の経緯や、原哲夫先生や荒木飛呂彦先生など、人気少年ジャンプ作家たちとのエピソード、などなど
聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。

 

巻来功士先生の作品が夏樹陽子さん主演で東映Vシネマ化された際の悲しいエピソード、などなど…時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版は、 TBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)⬇️

 

♪巻来功士先生が選んだ一曲!
電光石火に銀の靴/泉谷しげる
巻来先生が大好きな、1980年に公開された映画「狂い咲きサンダーロード(石井聰亙監督)」の主題歌です。

 

【NEXT WEEK】

9月15日(土)のゲストは引き続き『ゴッドサイダー』の作者、巻来 功士先生です!


イラストはグランドジャンプ公式サイトに連載されていた『SHODO 勝道上人伝』です。単行本発売中です。

 

番組では、先生たちへの質問もお待ちしてます!
現在『すすめ!!パイレーツ』『ストップ!!ひばりくん!』の江口寿史先生への質問を募集中です!

メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!
紹介させていただいた方には、ビックリマンチョコ風のステッカーを3枚プレゼント!

ジャンプ


「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して、今までに連載された様々な作品が集う「週刊少年ジャンプ展vol3」が開催中!会場は、六本木ヒルズ 森タワー52階、森アーツセンターギャラリーです。詳しくはこちら!

 


『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:00〜24:29放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。

【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。