お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

宇宙食っておいしいの?

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日、9月12日は「宇宙の日」です。
宇宙の日は、国際宇宙年だった1992年に、制定された記念日。一般公募でアイディアを募り、宇宙飛行士だった毛利衛さんが、スペースシャトルで宇宙へ飛び立った日にしようということで、この「9月12日」に決まったのだそうです。

さて、謎とロマンがいっぱいの宇宙。
知りたいことはたくさんあります。
たとえば・・・
宇宙飛行士の皆さんはどんな宇宙食を食べるの?
宇宙食っておいしいの?
宇宙食って、わたしたちも食べられるの?

やっぱり「食べること」が私の最大の関心事です。
そこで調べてみました。宇宙食のこと!

宇宙食には大事な役割があるそうです。
「宇宙飛行士の健康を維持するための栄養を確保する」そして、「ストレスを減らし、気分をリフレッシュする」。宇宙食は、体力面・精神面、両方から宇宙飛行士の厳しいミッションを支えているんですね。

もし私が宇宙に行くとしたら、絶対に持って行きたいのが「和食」ですが、
「宇宙日本食」というものもあるそうです。これは、食品メーカが提案する宇宙食をJAXAが評価。基準を満たしている場合に、認証するものです。
たとえば、温めて食べるおもち、お湯を注いで食べる山菜おこわ、インスタントラーメン、サバの味噌煮やサンマの蒲焼の缶詰、羊羹、醤油、マヨネーズ、といったものがあります。ラーメンは、重力が弱い状態でも、一本一本の麺が飛び散らないように、お湯で戻してからも、一口大のかたまりが保てるように、特別の工夫をしているそうです。

さて、宇宙飛行士たちを支えてきた宇宙食、みなさんも食べてみたくありませんか?
東京の日本科学未来館では、水を加えてたべる「おにぎり」や、レトルト食品の「カレー」が、「宇宙食」として販売されています。遠い宇宙に思いを馳せながら、召し上がってみてはいかがでしょうか。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。