お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2018年9月15日

渡邊剛の週末ハートカルテ

「渡邊剛の『週末ハートカルテ』」は、
「ニューハート・ワタナベ国際病院」の総長で
医学博士の渡邊剛先生が、皆さんからの、
医療にまつわる素朴な質問や疑問に
わかりやすくお答えする番組です。
聞き手は、TBSアナウンサーの江藤愛です。

この4月から手術支援ロボット「ダビンチ」を使った
心臓手術(僧帽弁形成術・三尖弁形成術)が保険適用になり、
渡邊先生の病院も注目されています。
渡邊先生と江藤との会話もますます弾んでいますので、
ホームページでも放送の一部をご紹介しましょう。

9月15日 1年ぶりにニューハート・ワタナベ国際病院にお邪魔し
入院していらっしゃる患者さんに伺いました。

江藤  まずは皆さまのお名前とお歳、どんな診療科目や症状で
    入院されているのかを教えてください。

松田さん
    松田です。74歳です。大動脈弁狭窄症で入院しました。

藤原さん
    藤原と申します。70歳です。私は僧帽弁と三尖弁の両方が悪くて、
    8月29日に手術しました。

井上さん
    井上と申します。23歳です。
    私は僧帽弁閉鎖不全症でこちらにお世話になっております。

江藤  病院は、どうやってお選びになりましたか?

井上さん
    インターネットで調べて、セカンドオピニオンとして
    メールで悩み相談をさせていただきました。

江藤  藤原さんは入院は初めてでいらっしゃいますか?

藤原さん
    はい、初めてです。私もセカンドオピニオンを
    ネットで調べていてメールでご連絡しました。
    こういう症状で是非お願いしたいと書きましたら、
    すぐにお電話をいただきました。

江藤  松田さんはこの病院を選ばれたきっかけは何だったのですか?

松田さん
    地元で大きな病院を紹介されたのですが、
    東京にいる娘がネットで調べてくれましてここに決めました。

江藤  病気になって手術のために入院しなければいけないというのは
    皆さんすごく不安な気持ちになられると思うんですが、
    実際の入院で思った気持ちをお聞かせいただけますか?

井上さん
    病名を知らされたのは4月くらいでした。
    その時はもう頭が真っ白になっちゃって、
    もう俺はダメなんだって、ちょっとネガティブに
    とらえがちだったんですけれど、
    先ほど申し上げた通り、ネットで調べてみまして、
    ニューハート・ワタナベ国際病院のことを知って
    だんだん絶望から希望に変わっていったと言いますか、
    僕は大丈夫なんだと思えるようになりました。

江藤  藤原さんはいかがでしたか?

藤原さん
    私は7月の検査で深刻な状態と言われて、
    すぐこちらに電話をしたんですね。
    そしたら8月1日にはもう診察していただいて、
    翌日には入院と手術の日程を決めていただいて、
    あれよあれよという感じで今日に至っています。

江藤 ありがとうございます。松田さんはいかがですか?

松田さん 
   先生方をはじめ皆さんが丁寧に挨拶してくれました。

江藤 心が通じないといけませんものね。

放送では、さらに入院前のお気持ちをさらに掘り下げて伺っています。

詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴きください。
放送後、1週間、お聴きいただけます。

渡邊剛の週末ハートカルテ | TBSラジオ | 2018/9/15 土 16:50-17:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180915165000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

番組では、医療に関する質問を募集しています。
ハガキ・封書の宛先:〒107-8066 TBSラジオ
          『週末ハートカルテ』の係り
メール:iryo@tbs.co.jp

番組でご紹介した方には、記念品をお送りします。