お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 9月17日放送分】日本史は流れで覚えよう!~歴史学者・山本博文さん▼海城中学・高等学校の古典芸能部▼石井大裕×玉田志織×山口まゆ(TBSラジオ 21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ『TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまくいろんな話題にスポットを当て、高校生の興味ある話題や悩み、疑問など直撃取材などをする高校生応援プログラムです。ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2018年9月17日(月)放送後記

<高校生の主張>
毎回、TBSラジオキャスターが都内近郊の高校に伺い、その高校に通う現役高校生らから学校生活にまつわる話題を取材します。

毎週、様々な高校をご紹介していますが、今週と来週、ご紹介するのは、東京都・新宿区にあります、私立の男子校、海城中学・高等学校です。

教育目標は、「リベラルでフェアな精神を持った「新しい紳士」の育成」がモットーで、完全な中高一貫の学校です。

そんな海城には、数多くのクラブ活動や同好会があり、今回は、古典芸能部を取材。落語を中心にした部活で、古典落語のみならず、コントや新作落語なども行うということです。

取材を行ったのは、TBSラジオ・キャスターで、この番組のスタッフでもある甲斐彩加さんです。

甲斐キャスター
芸名の由来や部活に入ったきっかけは何ですか?
生徒
僕は海原亭創麺(うなばらていそうめん)という芸名なのですが、元々は焼売(シュウマイ)という名前だったのですが、先輩が代々「創」という字を芸名に入れていたので、「創(そう)」が付く食べ物を探して「そうめん」になったんです。
芸名が、海原亭霧華(うなばらていきりか)なのですが、「霧」という字が好きなので、その文字を使った芸名をいくつか先輩に考えて貰い、その中で気に入ったのが「きりか」だったんです。そもそも、卒業した先輩のOB会の「海原会」からとって、「海原亭」になっています。
入部のきっかけは、別の部活に入っていたのですが、転機は中1の時です。古典芸能部の校内寄席があって、面白そうだと思って観に行ったんです。そこで、僕は笑いの沸点が低いので爆笑してしまって、当時、あまり見に来ている人が少なくて、爆笑しているのは僕だけだったので、目を付けられたようなんです。そしたら、中1の終わりの時、お弁当食べていたら職員室に呼ばれて叱られるのかなと思ったら、何のことはない入部の誘いがあって入部しました。

 

甲斐キャスター

そのほか、どんな活動をされているんですか?
生徒
僕は裏方の仕事をしています。寄席の順番を決めたり、他校の「古典芸能」とやりとりをしたりと多岐に渡ります。大喜利では舞台に立つこともあるのですが、目立つことよりも裏でやっているほうが性にあっているのかなと思います。寄席がちゃんと終わったときなどはやりがいは感じます。
僕はコンビで「コント」をやっています。自分から作る方がいいなと思ってコントをやっているのですが、ネタ作りは難しいです。どんなネタにしようかというのが考えるのが長く、そこまで出来たら1~2時間くらいでできるのですが…。ネタは机で考えていても思いつかないので歩きながら考えたりします。
学期ごとに、平日の放課後、学内寄席をやっています。学内寄席は、日によって違うんですが、結構入ってくれます。そのほか、他校の「落研」などとコラボという形で寄席をしたりなどもしています。

 

<課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」をゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。
スタジオは、高校2年の玉田志織さん、高校3年の山口まゆさんです。

今週は、ゲストに、歴史学者の山本博文さんをお迎えして、「暗記だけは面白くない。日本史を楽しみながら学ぶ方法とは?」と題して、お送りしました。

山本博文さん。東京大学・文学部・国史学科・出身で、現在、東京大学・史料編纂所の教授を務めていて、著書に、角川新書『流れをつかむ日本史』などがあり、様々なメディアでも活躍されています。

 

石井アナ
日本史を流れでつかんだ方がいいのは、なぜなんですか?
山本博文さん
今の日本人はどのようにして、こうなったのか、日本人のルーツはどこにあるのかなどを考えるのが重要かと思います。また、日本の近代がどのように作られてきたのか知ることで今の日本人を知ることもできます。例えば、東日本大震災の混乱の時、行儀よく列にならんだとか、略奪がほとんどなかったなど、世界中で称賛されましたよね。なぜ、そんな日本人像が出てきたのか、それは、歴史に解く「カギ」があるのではないかと思うんです。私の考えだと、日本は古代よりずっと昔から日本という「まとまり」が出来たんですね。そのまとまりが、政治の変化はあるものの、ずっと続いてきた「印象」があります。政府は変わっていますが、天皇制が続き、日本という国家が継続している。続いている思うと、これからも続くと思う。滅びることはないと考える。そうなると、国に対する信頼や同胞に対する信頼などが生まれるのではないかと思うんですね。つまり、日本の特性を考えると日本人もわかってくると思うんです。
石井アナ
では、その流れ、どのようにして覚えるといいんですか?
山本さん
まずは時代の名前を覚えるのが最初ですね。例えば、旧石器、縄文、弥生、古墳時代…。なぜ古墳ができるのか、古墳に葬られる大王が誕生して、その後、文明化した社会になると、仏教が伝来して、古墳から建物で権威を表そうとしようとする時代の飛鳥時代、奈良時代と続きます。そうやって、全体の流れを日本史の「地図」のように頭の中に作るんです。そのあと、年号をはめ込めばいいんです。年号は語呂合わせで、流れは漫画の日本の歴史や、中学の教科書で復習して流れをつかむのもおすすめです。

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=201809172100

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

<おまけの1枚>

・落語を自ら披露したことがある山口まゆさん⇒動画はこちら(TBSラジオとは別サイトに移動します)
・ニュースにもなった「女優宣言」の玉田志織さん⇒玉田さんのブログへ(TBSラジオとは別サイトに移動します)

 

※また、番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、スタジオに遊びに来たい高校生など、募集しています。

■宛先
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

▼番組では毎回、エンディングで1万円分のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================