お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「自民党総裁選は、安倍総理が3選。 総裁選を通じて見えてきた今の自民党の姿とは?」小宮京×逢坂巌×松田馨×荻上チキ 2018年9月20日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

自民党総裁選は、安倍総理が3選。
総裁選を通じて見えてきた、今の自民党の姿とは?

自民党総裁選挙は、国会議員票と党員・党友による地方票を合わせた開票結果が発表され、553票を獲得した安倍総理が、254票の石破元幹事長を破り、連続3回目の当選を決めました。安倍総理が国会議員票の8割以上を獲得し、石破氏を圧倒したのに対し、地方票では、石破氏が45%を獲得しました。

総裁選は今月7日に告示され、安倍総理の外交日程や、北海道の地震の影響もあり、選挙期間は事実上短縮された形となりましたが、そもそも、討論会や街頭演説などは、5回程度しか予定されておらず、2012年の総裁選の17回に比べると、激減していました。
政策論争の機会が少ない一方、自民党の総裁選挙管理委員会は先月、新聞・通信各社に対し、総裁選について「公平・公正な報道」を求める文書を送付。また、斎藤農水大臣が、安倍陣営から圧力をかけられたと発言したことも話題となりました。

今夜は、今回の総裁選を通じて見えてきた、今の自民党の姿とはいかなるものなのか、専門家の方と考えます。

【スタジオゲスト】
青山学院大学准教授 小宮京 さん

駒沢大学准教授 逢坂巌 さん

【TELゲスト】
選挙プランナー 松田馨 さん

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================