お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 この際だから、安倍総理にお願いしたいこと

森本毅郎 スタンバイ!

安倍総理が自民党総裁選挙で3選、続投が決まりました。何事もなければ、来年の11月下旬には憲政史上、歴代トップの通算在任期間になるそうです。安倍総理にとって最後の3年がスタートするわけです。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、9月21日(金)は、金曜日恒例のサラリーマンの声。レポーターの近堂かおりが、『この際だから、安倍総理にお願いしたいこと』というテーマで、街でみなさんにお話をうかがいました。

この際だから、安倍総理にお願いしたいことspan>http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180921073520

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

金曜日恒例のサラリーマンの声 『この際だから、安倍総理にお願いしたいこと』

★政権運営、政策にお願い!!

●「あんまりトランプさんと仲良くしないでほしい。なんかへつらってるような感じがあるんであんまりカッコよくないというか、外交下手かなって気がしちゃう。気にはなりますね。」
●「憲法改正は止めて。自衛隊を憲法に明記した後は何が起きると思いますか?徴兵制が来るんではないかということ。だから憲法改正はやめてほしい。」
●「お願いだから戦争はしないでね。分らないですけど、巻き込まれそうな気がしてる。自分がやることはないと思うんですけど、あちこちの国に行って外交で色々やっているのは目に見えているんですけど、本音はどこにあるのかっていうは心配といえば心配。」
●「諦めてますから。内閣は全ていい加減なような気がして、情報処理の問題にしても、文書の保管にしろ、
だから真面目にやってほしいですよね。」

安倍政権に不安や不満は色々あるんですね。最後のお父さんの言葉・・・裏を返せば、真面目にやっているように見えないということ。だからこそ、真面目にやってほしいというお願いがでるわけですから。これはキツイお言葉です!

★高齢者雇用についてお願い!

一方、こういう声もありました。

●「もうすぐ私は60歳になるんですけど、今、流れは65歳定年とかなっている。一部やっている会社もあるでしょうけど、ただ、あれ法律で60で雇い止めして、契約社員とか、あるいはそのまま居れるみたいな一応の制度はありますけど、大概が働きたい人にとってはまず待遇面で大きく下がって、モチベーション下がって、というのでホントもったいない。それを法律でみんな65歳まで、今、公務員の話も出てますよね、65って、そこまで法律で決めちゃえばたぶん60歳以上の人も活用できると思う、自分が働きたいからというのもありますけど、個人的には。」
●「もう年齢も年齢なんでちょっと雇用関係はやっぱり、実際、60歳過ぎても全然働けるじゃないですか、今。だから、その働き口を用意じゃないですけど、あればいいかなって。ちょっとね、ローンも抱えているんでね、この先ちょっと安心かなって思う。」

60歳を過ぎた後の働き口、これは心配ですよね。60歳を過ぎても、皆さんお元気ですから!それに、寿命も伸びて人生100年!とも言われる時代ですから、働かないと生活に困っちゃいます!昔は55歳定年だったのが60歳になり、今は65歳時代に。ただ、それまでと同じ待遇でいられる人ばかりではないので、もういっそ法律で決めて欲しい!というお願いでした。確かに法律でしっかり決まっていれば、将来の安心につながります。これからますます高齢化社会になるわけですから、是非やってもらいたいですね。

★子供を育てやすくしてください!

一方で子育てに関するお願いもありました。

●「強いていえば、僕、子供5人いるんですね。なので、もっと子供が育てやすいというところをもうちょっと力をいれてもらえたらいいなとは思います。今、子供手当とか出てると思うけど、それだけではなくて、もうちょっと国がもっと力を入れて子育てに協力してもらえたら、もっと産める環境っていうのかな、育てやすい環境というのができるのかなって。上が6年生、次が5年生、飛んで2年生。また飛んで今度幼稚園、後は生まれたばかり、去年の12月なんでまだ0歳です。これから大変なんですけどね、今は国が面倒みたり、行政が面倒見たりとかしてくれているんでいいんですけど、その後ですよね。なんとか頑張って、子育てが出来る社会を作っていただきたい。」

しいていえば、と控えめに話し始めたお父さんでしたが、これは声を大にして言っていいですよね。今の時代に5人のお子さん。今は全員小学生以下ですが、義務教育が終わり、高校や大学へ行くとなると学費が大変になる・・・と。安心して子供を産むことができて、安心して育てることができる環境を、というのは、まさに少子化対策の根幹だと思います!高齢者の雇用にしろ、子育てにしろ、切実なお願いです。安倍総理にこのお願いが届くといいのですが。

★人としてちゃんとしてほしい!

最後にこういう声がありました。

●「基本的にはどちらかというと支持してまして、ただ、説明が不十分なところが多くって支持してるんだけど、途中で疑心暗鬼になってしまうから、やっぱり説明はちゃんとしてほしいなと。色々答弁とか聞いていても、潔白を言ってるようで言ってないとかね、中途半端な表現が多いんで、人としてもうちょっとちゃんとしてほしいな。(人としてちゃんとしてない風に見えた)と感じる時が多々あるかな。こんなこと言っていいのか分からないけど。(支持してる)支持はしてます。やろうとしてることはちゃんと組み立てられているかなと、ただそれを実行に移す時にどうしてもこう煙に巻くような感じがする時があるのでやろうしてることを支持してるんだから、もっとちゃんとしてほしいという意味合いですかね。」

人としてちゃんとしていない時が、多々あると。【人として】・・・つまり【総理として】以前の話ですから。支持者にこんなお願いをされてしまうというのは・・・。さて、最後の3年、どうなるのでしょうか!?

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。