お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

首に手を当ててください。手の温かさが気持ちいい?なら、“秋バテ”の可能性があります。

ジェーン・スー 生活は踊る

最近「だるい」「食欲がない」そんな症状に陥ってませんか?それ、「秋バテ」かもしれません。医学博士で健康科学アドバイザーの福田千晶先生にお話を伺いました!

秋バテは「お腹が減らない」

「秋バテ」とは、暑さが一段落して過ごしやすくなる秋口になって、身体のだるさや疲労感、食欲不振などの不調を抱えている状態。夏場の「高温多湿、紫外線、冷房冷え、内臓冷え、寒暖差」がおもな要因。なかでも、暑さをしのぐための冷房の低い温度設定は、体温調整を司る自律神経のバランスを崩し、疲弊させてしまう。また、冷たい飲み物による「冷え」と、室内外と朝晩の寒暖差も原因となります。

夏は元気!でも秋になるとなんだか体調が悪い…「燃え尽きタイプ」

夏は元気で飲んだり食べたり遊んだり、たっぷり楽しんだけれど秋になって疲れが出たタイプ。燃え尽きてパワーが減ってしまったタイプ。

▼比較的体力がある  ▼胃腸が丈夫(早食い、がぶ飲みをしがちな人)  ▼冷房下でも快適に過ごせる

以上の特徴に思い当たる人は、このタイプの秋バテの可能性があります。

このタイプの人は、パワーを補充するために、エネルギーを発散した夏から、ちょっと静かな秋の生活にシフトすることがポイント。
・飲み物や食べ物も温かいものを取り入れて、冷たいものは控えめに。(例えば、体が温まり飲んでホッとできるホットミルクなど)
・睡眠時間やゆっくり休む時間も大切に。読書の秋のするのも良い。
・衣服も上着を用意し、スカートやパンツも秋物に。
・夏は食べ過ぎ飲み過ぎで夏太りした人は、食べ過ぎや飲み過ぎを改善して体重を戻す。
・そして、まだ暑くて湯船につかるのが億劫という人も多いと思いますが、そんなときに有効なのが、シャンプー前に頭から長めにシャワーを浴びる“ヘッドシャワー”。浴びる時間を少し長くすることで温め効果が期待できます。

夏からずっと体調が悪い…「だらだら不調タイプ」

夏の暑さですでに参ってしまい、それから復活できず不調が続いている。
▼もともと体力がない  ▼胃腸が弱い  ▼夏痩せしやすい人
これらの特徴に思い当たる人は、このタイプの秋バテの可能性があります。

・入浴の工夫をしましょう。
炭酸ガス入りの入浴剤を使うと、ぬるめの湯でも温まり、血行が良くなる。血液によって、全身にたっぷりの酸素や栄養分が送られると全身の細胞が元気になって、体が温まる。
・クーラーや朝夕の冷えに注意。首やお腹に手を当ててみて、手の温かさが気持ちよく感じるなら、ベストやカーディガン、ストールなどで首やお腹を覆う。または、肌に直接晴れる蒸気温熱シートを使用するなどホッとできる温かさを体に与えてあげる。
この秋は、美味しいものを食べる食欲の秋にして、元気が出てきたら運動も加えてスポーツの秋にするというのもいいかもしれません。(あまり体調が悪い時は病気の可能性もあるので医療機関を受診してくださね)

お子さんも「秋バテ」に注意!

夏バテや秋バテって大人の病気というようなイメージですが、実はお子さんも気をつけた方がいいんです。秋は朝と晩、日中の温度差が大きくなる季節。大人でも体温調節機能が乱れやすくなる時期。体温調節機能が未熟な子どもには尚更です。基本的には大人と症状は一緒。夏休みが終わって、なかなか生活のリズムが戻らず、ついつい夜更かししてしまっている・・・なんていう睡眠不足もよくありません。やっと寝付きやすい季節にもなったので、しっかり睡眠を取らせるようにしましょう。

福田先生は「どうしてもラーメンを食べたい人のための 太らない食べ方」という本も出版されています。気になる方はぜひ、チェックしてください!


ピックアップ