お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

福岡・天神のジュンク堂書店の書店員、松岡さんのおすすめ本!【本のソムリエ】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

~本のソムリエのコーナー

書店の販売員さんやブックカフェの店員さんなど、本の達人、
いわば《本のソムリエ》の方々に、おすすめの本をご紹介いただきます。

今日は、福岡にある、ジュンク堂書店 福岡店の書店員、松岡千恵さんです。

ジュンク堂書店 福岡店は福岡の中心地、天神にある書店。
市役所の向かいに位置するため、ビジネスマンの方が多く、最近では、中国、韓国の観光客のお客様も増えています。
在庫は、140万冊。地下1階から4階まで、ジャンルを分けて本を取り扱っています。
人の出入りが多い書店のため、書籍の乱れなどがないよう、棚の整理をこまめにするよう意識しています。

福岡店は地方ネタの書籍がよく売れる傾向で、
最近でも『福岡市が地方最強の都市になった理由』(PHP研究所)
『福岡はすごい』(イーストプレス)など、よく売れています。
地元の方を応援する気持ちで、手にとるお客様もいるのかもしれません。

 

松岡さんおススメの本は…

松岡さん おすすめの本
・「これはペンです/円城塔著」出版:新潮社

あらすじ
文章の自動生成装置を発明し、突飛な素材で自在に文章を生み出す叔父と、その姪の物語「これはペンです」と、
存在しない街を克明に幻視し、現実・夢・記憶の世界を行き来する父と、その息子を描く「良い夜を持っている」の、
連動する2つの小説が収録されています。

おすすめポイント
言葉に対する思考の実験を、読んでいるかのような本です。
SF小説で有名な円城さんは文章が難解ですが、この話は比較的読みやすく、今までの作品の中で、一番ロマンティック。
SFや科学が好きな男性だけでなく、女性の方にもオススメです。

この本は、読むこと・書くことなど、「言葉」に焦点を当てている話です。
一見、難しく感じますが、「テンポがよく、気づけばハマっている。」という読者の方の感想も聞きます。

 

 

“ジュンク堂書店 福岡店 ”
福岡の中心地、天神にある大型書店。
在庫は、140万冊。地下1階から4階まで、ジャンルを分けて本を取り扱っています。
お買い物の途中に、街の様子をみながら一息つけるスペースも人気。
営業時間など、詳しくは“ ジュンク堂書店 福岡店”の公式ホームページをご確認ください。

By文学の扉 スタッフ

ピックアップ