お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「再生医療の最前線!iPS細胞などを使った再生医療の研究は今どこまで進んでいるのか?」八代嘉美×荻上チキ 2018年10月4日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

再生医療の最前線!
iPS細胞などを使った再生医療の研究は、今どこまで進んでいるのか?

【スタジオゲスト】
神奈川県立保健福祉大学教授の 八代嘉美 さん

今夜特集するのは、「再生医療」についてです。
再生医療医療とは、生まれつき、あるいは疾病、不慮の事故、加齢などに伴って、欠損や損傷、あるいは機能は低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を利用して、修復再生し、機能を補完する医療です。

従来の対症療法に比べ、患者や高齢者、障害者の生活の質=QOLが飛躍的に向上し、社会復帰と生活の自立を可能とすることが期待され、その具現化に向けて、2014年には、再生医療等・安全性確保法などが施行されました。

再生医療をめぐっては、今年に入ってからも、iPS細胞を使った新たな臨床研究の発表などが相次ぎ、実用化に向けて期待が高まるとともに、世界中の企業などを巻き込んだ競争も激化しています。

今夜は、再生医療の研究はいま、どこまで進んでいるのか?そして、それを取り巻く社会の動きや、今後の課題など、幹細胞生物学者の八代嘉美さんにじっくり伺います。

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================