お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

今、食べるべき新米が「棚田米こしひかり」と「琵琶湖北産ミルキークイーン」である理由

ジェーン・スー 生活は踊る

9月27日の「スーさんこれいいよ」では、
「5ツ星お米マイスター」の澁谷梨絵さんに、『実りの秋・目前! 今年、オススメの新米教えます!』と、題して
「今」食べる事ができる、オススメの新米をご紹介いただきました。

台風、豪雨と大変な気象状況もありました。新米のほうは大丈夫?

澁谷:「九州・東北地区は非常に生育が順調!関東・北陸はちょっと収穫量が減り気味で小ぶり・・・ですが、産地を選んだり豊作な品種を選べば、美味しいお米に出会えます!全体的には、豊作傾向にあるので心配ないと思います!味も全体的にはレベルが高く、食味が高いと感じています。 」

新米を楽しむ、炊き方は何かありますか?

澁谷:「新米時期は、水を減らす方が多いのですが、間違っています。今は乾燥技術が向上して、年間通してお米の水分量は一定なのでお水の量は同量でOK。新米は皮が固く、水の浸透がゆっくりのため、もし、可能であるならば、 浸水時間(漬け置き)を2時間しっかり設けていただければいいなぁと思います。」

『今』食べる事ができる、オススメ新米は?!

その1:佐賀県上場産 棚田米こしひかり

澁谷:「棚田は、段々畑になっているので、日光も当たりやすいですし。山から流れるきれいな水が入っているので、甘みが強くて旨味を感じる、粒立ったお米になっていると思います。また九州のこしひかりって、同じ品種でも西日本で取れたものと東日本で取れたものでかなり食感が違うんですね。」

スー「あっ!粒感がすごいある!これあっさりしてる。こしひかりのイメージと違う!!」
蓮見:「すごい粒感を感じますね。」

オススメの食べ方は?
澁谷:「粒立っているので、味が濃いおかずと合わせるのがいいと思います。・・・例えば梅干しとか!」
スー「梅干し・・・!今日、日本直販さんの梅干し残しておいたの!笑」

その2:滋賀県 琵琶湖北産ミルキークイーン

澁谷:「ミルキークイーンは、以前も紹介しましたが、もっちりとしていてもちの米に近いような印象で、冷めてからも美味しいのでお弁当などにも最適!今年のオススメはこの滋賀県のミルキークイーンです。」

スー「箸を入れただけでかなり印象が違う!ふわふわしてる!!!」
蓮見:「優しいし甘いですね」

オススメの食べ方は?

澁谷:「こちらは、甘みやお米自体の印象が強いので・・・ふりかけのような・・・私が作らせていただいた、玄米ふりかけがオススメです笑。おにぎりなどに、していただくのがいいと思います。」
蓮見:「うん!美味しい!馴染みますね・・・」

この先、登場する新米でオススメは?

今年デビューのしっかりとした弾力のある歯応えが特徴の山形「雪若丸」
甘み、旨み、粘り、バランスが非常に良く、優しい味わいで旨みが強い岩手「金色の風」
食感が異なる2種類なので、しっかり硬め好き(雪若丸)、 もっちり軟らかめ好き(金色の風)
どちらの派閥の方にもお楽しみ頂けると思います。10月の中旬から店頭に並ぶと思いますので、
ぜひ!スーパーなので見つけた際は手にとってみてください。