お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

AI時代、”繋がり不足”で広がる健康格差!

AI時代のラジオ 好奇心プラス

鷹の爪団

鷹の爪団

【鷹の爪団の自虐カレンダー2019】好評発売中!!
今年の鷹の爪の自虐カレンダーの最新版は、
またまた島根&鳥取のコラボカレンダー!
投げやりな島根と打ち手ない鳥取の素敵なコラボとなっております。
是非チェックしてみて下さい!

今週は「AI時代のつながり」に好奇心!

フロッグマン「今日は伊東さんがお休み!
 先週「聞いてる」っていってましたが、
 本当に聞いていたら僕にライン送ってください!」

フロッグマン「そんなわけで、きょうは”ぼっち”・・・。
 孤独死のおよそ7割が男性、
 しかも最近では40〜50代の男性の孤独死が増えているそうです。
      年間では1万7千人以上もの方が孤独死をされているとか。
      まさに<孤独死大国>となってしまった日本。
      AI時代のひとつの特徴なのかもしれません。」

吉田くん「どうもー!吉田です。
 今日は楓がいないということで、
 ピンチヒッターで来ているんですけども。」

フロッグマン「人とつながりを持つことが健康寿命を延ばす秘訣らしいですけど。
 吉田くんはどんな人と繋がりが強いの?」

吉田くん「総統とかFROGMANですかねぇ。」

フロッグマン「本当は誰とつながりたいの?」

吉田くん吉岡里帆ですね。
 ”後輩の可愛い彼女”感が堪らないです!」

フロッグマン「そこまで聞いてません。」

9月28日 今週のAIフレンズ

◆『つながりと健康格差~なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』(ポプラ社)著者
  東京大学 高齢社会総合研究機構・特任講師「村山洋史」さん

◆AIを使い”過疎地の活性化”を進めている、
株式会社エルブズ」代表「田中秀樹」さん

東京大学 高齢社会総合研究機構・特任講師「村山洋史」さんのお話

「<高齢社会総合研究機構>というのはどういう組織なんですか?」

2009年に設置された、
高齢者に関する問題や課題や研究テーマを扱っている組織です。
特徴としては、医学や工学とか社会学のような、
色んな分野の研究者が集まっているところですね。

「イギリスでは<孤独担当大臣>が設置されたそうですけど・・・」

そうですね。
背景としては、社会との繋がりが少ないこと、
”繋がり不足”が人々の健康に影響するという事があります。
そして、孤独な人が増えると社会保障費が増えるとか、
あるいはその人達が働かない事によって、
社会経済的影響・国の財政にも影響が及んでいると。

「額としてはどのくらいなんですか?」

イギリスにおいては、年間約4、9兆円と言われています。

フロッグマン「ほぼ5億円!
 ”孤独”がそんなに大きなリスクになってるんですね!!」

「日本は昔から”絆”を大事にしていたり、繋がりが強い印象ですけど・・・」

私自身も、日本人は繋がりが強い国民だと思っていたんですが、
様々な国を調査したところ、個人主義の国だと思われていた
アメリカの人たちよりも繋がりが少ないという結果も出ているんです。

アメリカは個人主義だからこそ、
何かあった時の為に意識的に繋がりを求めている。
日本は繋がりが基本的に「そこにあるもの」だと思っている。
自然発生的に生まれる時代ではないので、今は希薄になっているんです。
意識的に”結びついていく作業”が必要なのかもしれません。

フロッグマン「つながりが少ないとは!意外!
 受け身のままではいけないという事か・・・。」

「孤独は、健康にどのような影響を与えるんですか?」

いくつかのメカニズムが考えられていますが、
繋がりを介して色々なサポート、手助けを得ることが出来る
というのが挙げられます。

「日本で長寿の県といえば、山梨、長野、沖縄などがあげられますが、そうした県に共通することはどんなことがあるんでしょうか?」

色々な共通点があると思いますが、
地域のつながりの強さはひとつあると思います。
学術用語で<ソーシャルキャピタル>と呼んでいます。

例えば山梨県では<無尽講>と言われる
住民同士の資金の融通システムがあるんですね。
お互いに、少額でも掛け金を募ってまとまったお金で
例えば冠婚葬祭とか家を建て替えるという事をしています。

「村山さんの著書『「つながり」と健康格差 なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』とありますが、男性は本当にそうなんですか?」

男性には残念ながら、になるんですが、そうなんです。
妻に先立たれた夫や、離婚して独り身になった男性は、
その後の死亡率が高いという結果が出てしまっているんです。

「”妻を頼りのする男性、夫と距離を取りたい女性”って書いてますね!?」

調査の結果、男性は奥様がいた方が幸せだと。
女性は旦那が働いているほうが幸せだと。
男性には非常に耳が痛い話ばかりなんですが・・・。

フロッグマン「亭主元気で留守がいい、ですね・・・!」

女性っていうのは、ひとつには生活力がありますので、
配偶者と別れても一人で切り盛りしていける力があるわけです。
一方男性は、配偶者と別れると、食生活が乱れたりして健康に悪影響を及ぼすと。

「他にも、”男性が離婚すると、煙草を毎日1箱吸うのと同じだけ寿命が短くなる”とか!」

ひとつの表現ではあるんですが。
離婚は、煙草を1日15本吸うのと同じくらいの健康リスクがあると。

フロッグマン「つながりって大事なんだなぁ・・・」

株式会社エルブズの代表、「田中秀樹」さんのお話

「<エルブズ>ってどんな会社なんでしょう?」

主に過疎地高齢者向けの「御用聞きAI」という
スマートフォンアプリを作っている会社です。

社名の由来は、妖精=エルフが
たくさんいる様子、複数形で、エルブズ。
小さな妖精さん(AI)が過疎地の高齢者を助けてくれると良いなと、
そういった願いがこもっています。

「立ち上げのキッカケは?」

元々私の所属している大学や企業が
「産官学連携で社会課題を解決する、かつビジネスで」
という事で立ち上げたのが<エルブズ>です。

「<過疎地>では繋がりが希薄なんじゃないかなと思うんですが」

私自身、約2年間で約40都道府県を回って見て来たんですが、
実は過疎地域と言われている地域は、「繋がり」が強いことが多いです。
例えば悪い印象で伝えられることも少なくない消防団員という制度。
過疎に近い地域では、お互い助け合うということで
男性の8割程度が入っていると言われています。
概ねの活動としては月数回の集まりだそうですが、
これが地域の繋がりに大きく貢献しています。

「では、エルブズでは具体的にどのようなサービスを行っているんでしょう?」

繋がりがあがあっても、高齢化にともなって車の運転がしにくくなって
コミュニケーションが薄くなっていくんです。
お隣まで歩いて行くのが困難な地域の場合、
そもそも「会話」が少なくなるんですね。
なので、スマートフォンのアプリを通じて
会話を増やしていこうと。

「高齢者の方は、スマホやテクノロジーを受け入れられますか?」

近年、高齢者のスマートフォン保有率は10%ずつ上がり続けてました。
2018年度は記念すべき年でして、
高齢者のスマートフォン保有率が50%を超えた年です。

フロッグマン「エー!そうなんですか?そんなにスマホ持ってます?」

ガラケーがもう売ってない時代になってきたんですね。
機種変更でもう買えないんです。

フロッグマン「なるほど!それを上手く利用して!」

そうなんです。
【御用聞きAI】というスマートフォンアプリ。(どなたでもDL可能です!)
日常の雑談のようなものと、
お買い物や公共交通の情報閲覧などを、
アプリに登場する女の子や役所の職員さんのような
「エージェント(AI)」が、お相手してくれるというものなんです。

でも、実際はそういった情報を入手する会話よりも、
日常の雑談をする方が時間は長いんです。
長い方で1時間、”雑談”で使用されています

フロッグマン「へえ~~~。
 でも何で雑談に使うんですか?」

過疎地高齢化から起因する孤立化は、都市部でも起こるわけですが、
物理的な孤立化よりも、精神的な孤立化のほうが深刻だったりします。
わかりやすく言えば、寂しさをなんとかしないといけない。

解消法として一番シンプルなものは、
自分の名前を呼んでもらう、というのが大切なんだそうです。
【御用聞きAI】は名前を登録して呼ぶことが可能です。
何年も誰とも喋っていないような状況ですと、
例えば「フロッグマンさん、ありがとう」と
名前を添えて感謝を言われることで、ずっと気持ちが楽になるんです。

フロッグマン「名前を呼ばれる。誰かとつながっている。
 それが疑似的でも体験できる。
 雑談と情報サービスを合わせたアプリなんですね!」

おっしゃるとおりです。
8割雑談、2割がなにがしかの目的と我々は考えています。

フロッグマン「確かに、普段の生活で目的だけを持って会話をするんじゃなくて、
 友達と話しているなかで、ぽっと良い事が出てくる、
 雑談の中で発見がある事がほとんどですよね。」

東京大学 高齢社会総合研究機構・特任講師「村山洋史」さん

「こういう時代だからこそリアルな繋がりが重要視されると思います。
Facebookを使った研究では、バーチャルな繋がり、友達が何人いるかとか、
多ければ多いほど幸福感は高まっていくんですが、
ある数まで行くとその効果は頭打ちになってしまうんです。

それは、サポートを得る、情報や知識を得る、
本当に意味のある繋がりの為には、
その為の投資と言いますか、時間をかけて関係性を育む必要があるんです。
友達が1000人、2000人いても、そのうちで機能してるつながりは
一部に限られてしまっているんです。」

フロッグマン「リアルな繋がりが一番大事で、
 バーチャルな場ではあくまで補完で使うという事なんですね。」


【グローバルフェスタJAPAN2018】
■ 2018年9月29日(土)・9月30日(日)※日曜は台風の為中止となりました!

■ FROGMAN参加イベントは、9月29日(土)14時30分~15時00分
■ お台場 センタープロムナード
(シンボルプロムナード公園内)(予定)
東京都江東区青海1-2
■ 入場料無料

鷹の爪団の吉田くんが,ODAマンに変身して説明するぞ!
鷹の爪団の原作者にして,主要キャラの声を1人で担当するあのFROGMANが生アテレコ!グローバルフェスタでODAマンと握手!
【出演者】ODAマンとFROGMAN

http://www.gfjapan2018.jp/

<イベント後記>

お足元の悪い中、起こし頂いた皆様!本当にありがとうございましたー!!
今後ともODAマンをよろしくぅ!!