お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

プロがすすめるお茶菓子が美味しすぎる

ジェーン・スー 生活は踊る

10月2日(火)放送の「生活情報のコーナー」では、「プロがすすめる!美味しいお茶菓子」を特集しました。ゲストは、映画「日日是好日」の原作者、エッセイストの森下典子さん。

【プロフィール】
1956年、神奈川県生まれ。就活に失敗し『週刊朝日』の名物コラム「デキゴトロジー」の記事を書くアルバイトをきっかけに執筆を始める。2002年、茶道の稽古を通じて得た”気づき”を書いた著書『日日是好日 お茶が教えてくれた15のしあわせ』を出版。2008年に新潮文庫化され、現在もロングセラーを続けている。茶道の稽古に40年通い続けており、2010年、「表千家教授」の資格を許された。

そんな森下さんに、「百貨店で買える身近なお茶菓子」から「特別感のあるお茶菓子」までご紹介頂きました。

 

松葉屋「月よみ山路」


松葉屋さんは、高島屋、三越、伊勢丹などの百貨店に入っているお店。栗羊羹なのですが、栗がぎっしりでお得感を感じ、竹の皮に包まれていて、切り分ける時に皮ごと切ると香りが良い。何より値段が安い!750円

壽堂(ことぶきどう)「黄金芋(こがねいも)」


黄色の包み紙がたまらなく可愛い。割った時のリアリティとシナモンの香りが良い。今が月の季節で、十五夜を昔は芋名月とも言ったので。

赤坂・塩野「ゆずまんじゅう」


大好きな和菓子。寒くなると柚子湯に入ったりするのでこれからの季節にぴったり。可愛くて、形もそっくりで、柚子のにおいが素敵。

映画「日日是好日」

真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょい。そんな主人公・典子を黒木華さんが演じました。お茶の魅力に気付き、惹かれていく典子が体験するのは、静かなお茶室で繰り広げられる、驚くべき精神の大冒険。
典子のお茶の師匠となる武田先生を演じたのは、先日お亡くなりになった樹木希林さん。 典子のいとこで、ともに茶道教室に通い始める美智子を演じたのは多部未華子さん。
映画「日日是好日」は10月13日土曜日全国ロードショー。また、10月6日(土)から8日(月)まで、先行上映が決定しています。詳しくは映画の公式ホームページ「劇場情報」をご覧ください。