お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

まるでお料理教室のようなデイサービス「なないろクッキングスタジオ」▼人権TODAY(2018年10月6日放送分)

人権TODAY

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で放送している「人権トゥデイ」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは・・・
“まるでお料理教室のようなデイサービス「なないろクッキングスタジオ」” です。

人権トゥデイ

なないろクッキングスタジオ

★料理特化型デイサービス「なないろクッキングスタジオ」

今日は、まるでお料理教室のようなデイサービス「なないろクッキングスタジオ」という通所型介護施設についてです。まずはデイサービスの内容について、施設を運営する、株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ・事業統括本部の神永美佐子さんのお話です。

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ 事業統括本部 神永美佐子さん
業界初の“料理特化型デイサービス”という形になります。基本的には介護保険を使っている方が中心で、「なないろクッキングスタジオ」は、要介護1~要介護5までの方がいる。ほぼ8~9割が認知症の何らかの症状が出ている方。あと、病気によって麻痺がある方や、足腰が弱くなり杖や車いすを使う方も来ている。
メニューは、比較的多彩に和洋中すべて入っているが、行程としてはわかりやすいものが多く、味付けも家庭にある調味料で作れるものが多い。

人権トゥデイ

なないろクッキングスタジオ外観


一見「オシャレなカフェ?」と思える位、カラフルでポップな雰囲気。ここで教えてくれる料理も様々で、例えば9月のメニューには、「えぼだいの紹興酒蒸し」「茄子と三元豚のめんつゆ煮」などなど…。これらは全てプロのシェフが考案しているそうです。月曜~金曜の週5日、午前と午後の2回に分けて開催。料金は要介護度によって異なりますが、デイサービスなので介護保険が適用される為、1回数百円で利用できる方もいます。

★作って食べることの効果

でも、どうして「料理」なのか。再び、神永さんのお話です。

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ 事業統括本部 神永美佐子さん
料理っていうのは、切ったり、焼いたり、混ぜたり、盛りつけたり、色んなことを使うと思います。例えば「プチトマトを1個ずつ置いて下さい」「エビは2個ずつにして下さい」、あとは「100ccにして下さい」「何グラムにして下さい」というのはすごく活性化している。また、本能的に“食べたい”というのがあるので前向きに取り組んで頂いて、出来た物を最終的に食べられる、そして体力になる、という良い流れを持っていて、お客様も積極的に取り組んで頂けるのかなと思っている。

実はこの会社は、他にも、一般的なデイサービスや有料老人ホーム等を全国で約300件運営していて、その中で一番人気のレクが“調理レク”だったそうです。折り紙や輪投げ、歌のレクではいつも寝ている人でも、たこ焼きやホットケーキを焼く調理レクだけは起き上がって一生懸命参加。いくつになっても“食”に対する意欲が高いことを実感し、料理特化型のデイサービスを3年前にオープンしました。

★折り紙は食べられないけど・・・

現在、自由ヶ丘と成城、そして三軒茶屋の3つの施設があり、今回私は自由が丘スタジオにお邪魔しました。この日のメニューは中華。ちょうどエビチリと炒飯を料理中の方々に、感想を伺いました。

女性
96歳。ご近所にお友達がいっぱいいるんだけど、そういう方にもレシピを見せたりして、「こんなの美味しかったわよ」って教えている。
女性
85歳。楽しいわよ。日常的にお料理はしてるけど、こういう所に来ると新しいことを学べるのよ。調味料一つにしても、切り方にしても、ものすごく勉強になるの。
男性
71歳。料理は好きな方だから、脳のリハビリ。手先も使うから良いんじゃないですか、料理って。折り紙も好きだけど、綺麗に折っても食べられないもんね。料理の方が楽しいよ、食べられるんだもん、そうでしょ?

人権トゥデイ

料理中の様子(きくらげを切る係)


人権トゥデイ

料理中の様子(エビの殻剥く係)


人権トゥデイ

最後はみなさんで召し上がります

皆さん本当に楽しそうに料理していました。やはり認知症ということで、家では台所に立たせて貰えない方も多いようですが、“ベテラン主婦”だった頃の感覚を身体が覚えているのか、意外にも火傷や切り傷はほとんどないそうです。中には、回数を重ねていくごとに野菜の切り方が上手くなったり、レシピのメモを取る際の文字が、各段に綺麗になった人もいるようですよ。

人権トゥデイ

文字に現れる変化

★料理を通して「生活リハビリ」ができる

最後に、料理に特化したデイサービスの可能性について、神永さんに聞きました。

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ 事業統括本部 神永美佐子さん
リハビリでも“生活リハビリ”に特化しているので、お家ですぐ出来ること、今までやってきたことを維持して、これからもずっとやっていけるようにしたり、出来なくなったことを一つでも回復させることを目的にしている。
楽しく美味しく料理を作ってたべるっていう風に見えるかもしれないが、実は目標もしっかりあって、一人一人が短期目標・長期目標を立てて、それに向かって過ごして頂いている場所です。いま要介護認定を受けている方ということで、認知症の維持・改善も大きな取り組みのテーマだが、事故によって身体の機能が思うようにいかなくなった方も、トレーニングの場所としては非常に良いのかなと思っている。

「まずはテーブルが拭ければ目標達成」というように、それぞれのレベルに合わせて細かく目標設定します。実際、バイクの事故で怪我をした高校生がこのクッキングスタジオでリハビリし、現在は美容師さんになるまで回復した例もあるそうです。

(担当:TBSラジオキャスター 田中ひとみ)
===================
なないろクッキングスタジオ
http://www.unimat-rc.co.jp/nanairo/
===================