お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは「週刊少年ジャンプ」編集部から、大西副編集長、本田班長、高野編集でした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:00〜24:29。第67回(2018年10月6日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

サンドウィッチマン×25人のジャンプ漫画家の、担当編集者も知らなかった驚愕のトークを掲載!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』単行本が全国の書店で発売中!定価:本体1300円+税。表紙は「ろくでなしBLUES」の森田まさのり先生です。

カラーバージョン サイズ変更

「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!


10
月6日(土)のゲストは「週刊少年ジャンプ」編集部から、大西副編集長、本田班長、高野編集でした!

富澤:どうやって決まるんですか?(漫画家さんの)担当は。
大西副編:投稿と持ち込みが大きな二つなんですが、持ち込みっていうのは漫画を見てもらいたい人が編集部に電話をかけて来て「僕の漫画見てくれませんか?」「見ましょう」って言って、それで付き合いが始まる感じなんですよね。電話とった人が担当するんですよ。
伊達:ええー、電話とった人が担当なんですか、もう。
本田班長:問答無用に。
富澤:運命ですよね。
本田班長:早いもん勝ちですよね。
高野編集:電話がかかって来た瞬間にカッと受話器をとって。
大西副編:だから若手の社員なんか電話取り合いなんですよね。だって担当できるんですから。
伊達:テレクラみたいなもんですか。
富澤:ははははは!
大西副編:テレクラ状況なんですよ、一瞬で取るみたいな(笑)。
伊達:はあー。
本田班長:「今年の新人、やたら電話取るの早いなー」みたいな。「そう言えば、スケベそうな顔してるなー」。高野くんなんか経験者だなっていう早さでしたからね。


左から高野編集、本田班長、大西副編集長。

伊達:いろんな人が来るでしょうね、持ち込みっていうのは。
高野編集:変な人多いですよ、こう言っちゃあれですけど…。可愛がっている新人の一人が大阪から歩いて持ち込んで来て…
伊達:大阪から歩いて?
富澤:なんでですか?
高野編集:お金がなかったらしくて、渡された原稿用紙にめっちゃ土ぼこりが付いていて「汚いねこれ」って言ったら「いや、公園で描いていて、二週間くらいかけて頑張って来たんすよ」みたいな…
富澤:歩いて描きながら来たんですか?
高野編集:そうなんですよ。仕方ないからその日は一万円渡してホテル泊まってもらって「ちゃんと体洗って帰りなさい」って。でも、帰りも(大阪まで)歩くしかないっていう(笑)。今思えば新幹線代出してあげたら良かったかなと。
伊達:採用は…
高野編集:彼はそのあと、新人賞をちゃんと取って…
伊達:すごい!
富澤:へえー!
高野編集:その時僕に恩を感じてくれたのか「アニキ」って僕のことを呼んでくれる様になって、誕生日に必ずケーキをくれるんですけど、ケーキに「アニキおめでとう」って書いてあるんですよ(笑)。
一同:(大爆笑)
本田班長:嬉しいけれど、愛が重いな。
高野編集:ちょっと怖いっていう(笑)


「週刊少年ジャンプ」編集部のみなさんの熱いトークは次回に続きます。

 


「週刊少年ジャンプ」編集部員が語る、新人育成や連載を勝ち取るまでの道のりなどなど
聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。

 

大ヒット漫画家は賞にもれた中からも生まれる?漫画家を目指している方へのアドバイスなどなど…時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版は、 TBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)⬇︎

 

【NEXT WEEK】

10月13日(土)のゲストは引き続き「週刊少年ジャンプ」編集部から、大西副編集長、本田班長、高野編集です!

    
大西副編集長が担当していた『銀魂』     本田班長が担当している『Dr.STONE』


高野編集が担当している『アリスと太陽』

同じく高野編集が担当している『鬼減の刃』


 

番組では、先生たちへの質問もお待ちしてます!
現在『テルマエ・ロマエ』『オリンピア・キュクロス』の作者、ヤマザキマリ先生への質問を募集中です!

メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!
紹介させていただいた方には、ビックリマンチョコ風のステッカーを3枚プレゼント!

ジャンプ


「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して、今までに連載された様々な作品が集う「週刊少年ジャンプ展vol3」が開催中!会場は、六本木ヒルズ 森タワー52階、森アーツセンターギャラリーです。詳しくはこちら!

 


『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:00〜24:29放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。

【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。