お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

マインドフルネスについて

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週金曜日の6時10分頃からは、「知って良かった!明日への備え」。知ると知らないのとでは大違い!ということで「リスクと上手く付き合う情報」を伝えるコーナーです。

精神科・心療内科医で、臨済宗 建長寺派 林香寺住職 川野泰周さんが登場!

 

今日は、「リスナーさんの悩み」について川野さんにお答えいただきました。

千葉県・船橋市 ラジオネーム「がんばるマン」さん

私は38歳の会社員です。責任のある仕事を任されるようになりやりがいを感じる一方で、忙しさや重圧で苦しくなることがあります。自分では楽観的で、前向きな性格だと思っていたのですが、ふとした時に、「全てから逃げ出したい!」という暗い気持ちになることが多くなりました。このままでは、ウツになるのでは?と不安です。こんな時、どうやって切り抜けていけばいいのでしょうか?

 

仕事がうまくいかなかった場合、自己肯定感が高い人と低い人、どんな風に感じ方が違いますか?…

自己肯定感が高い人は・・・大満足というレベルではないが、自分としては精いっぱいやった。
次はもっと頑張れそう。うまくやれるだろう。自己肯定感が低い人は・・・とても満足できる結果じゃない。なぜ出来なかったんだ。なんでもっと頑張れなかったんだ。まったく情けない!
→自分を責めて悩んでしまう。そして、次の仕事に関しても、失敗のイメージばかり描きがち。そんなイメージで取り組んだ仕事は、やはり、いい結果は出にくくなる。ますます悩みは深まるばかりです。

性格も関係しているのか…?…
性格は変えられます。人格は「気質」「性格」2つの要素からなっていて、このうち気質は生まれ持ったもの(先天的に与えられたもの)性格は後天的に修飾されて作られるもの。性格は他人との関わりの中で築き上げられる。他人と関わって、さまざまな経験をすることで変わることができます。

マインドフルネスとは…?…
相手も認めるし、自分も認める。これが、自己肯定感の基本です。マインドフルネスに取り組むと、別人かと思うほどガラリと変わっていく方がたくさんいます。何かにつけて自分を責めて、「自分はダメだ」と決めつけてきたような人が「ダメ」の束縛から解き放され、自分を認め、しっかり地に足をつけ、前を向いてポジティブに生きられるようになります。
ベースとなるのは、すべてを認め、全てを受け入れる「禅」と「マインドフルネス」です。

 

詳しくは、「知って良かった!明日への備え」はラジオクラウドで配信中です。詳しくは是非、こちらでお聴きください。

AIG損保のホームページはこちら!
https://www.aig.co.jp/sonpo


このコーナーでは、詐欺、盗難、自然災害、病気…などあなたの身の周りで起きた体験談を大募集!!また、「備えていたから助かった」というエピソードもお寄せください。

〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「明日への備え 体験談」係まで

メール:ohayou@tbs.co.jp 

是非、ご相談内容に、コーナーの感想も添えてお送りください。

お便りが採用された方には「デパート商品券5千円分」をお送りします。