お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【堀井美香×町田・仲見世商店街】レトロとモダンが入り混じる、町田の香港。ディープな世界へ、ようこそ。

ジェーン・スー 生活は踊る

私たちの日常生活を支え、人と人のコミュニティが生まれる場所、商店街。
TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」は、そんな商店街の魅力を探ります。
今回は、TBS・堀井美香アナウンサーが「町田・仲見世商店街」を取材しました。

 朝・昼・晩で顔が変わる!レトロでディープな“町田・仲見世商店街”!

JR線・小田急線「町田駅」から徒歩6分、
「ミーナ町田」という商業施設にほど近い、『仲見世商店街』。

全長80メートルほどのアーケードに、
いまだに“ハエ取り紙”が売っているような「生活雑貨店」、
“カップ入りマグロ”の食べ歩きが楽しめる「お魚屋さん」など…
個性豊かな路面店がひしめき合い、
戦後間もない時から、町田市民の生活を支え続けています。

昭和の雰囲気をそのまま残したような、レトロでディープな空間。

ひと昔前は、ちょっぴり怖くて、少し立ち寄りにくい印象もあったそうです。

では、“仲見世商店街”の中の人は、この商店街をどう捉えているのでしょうか?
「仲見世商店会」会長、「市川豆腐店」の石井道子さんに、お話を伺ってみると…

レトロな雰囲気でありながら、新旧入り混じる商店街。
お客さんからは、吉祥寺の“ハーモニカ横丁”に似ていると言われることもありますよ!

そのほか、石井会長によれば、
「仲見世商店街」は、町田のなかでは、唯一の“アーケード”付きの商店街。
毎年11月に行われる調査では、ひる11時からよる6時までに、6,000人もの客が訪れるそう!

世界のグルメ通が集う!「リッチなカレーの店 アサノ」!

「仲見世商店街」に並ぶ、「仲見世飲食街」に入ってすぐ、

暗〜い路地裏に店を構える、カレーの名店。

かつて、グルメ雑誌で「日本一の“カツカレー”」と評されたこともあるそうです。

その味を求めて、最近は外国人のお客さんも増えているとのこと。
取材当日も、「鳥取県から来た!」という方もいらっしゃいました。
店名に「リッチ」とあるように、最高級の食材を使用し、とにかく手間をかけています。
1杯のカレーができるまでに、なんと4・5日を要するとのこと!

1番人気の「カツカレー(1,450円)」のカツは、ブランド豚「高座豚」。

食べ終わったお客さんにお話を伺ったのですが、
「常連さんは、顔色を見て、カレーの辛さを変えてくる」とのこと!

2代目の店主・浅野信三さんのユニークなキャラも印象的!
こういったお店の人とのやり取りも嬉しいですね!

1987年の開業以来、仲見世でカレーを作り続けて、31年。
「愛着があって仲見世を離れられない」と話す、
店主の浅野さんに、「仲見世商店街」の魅力を訊いてきました。

バラエティ豊かなお店が多いので、どの世代でも飽きない。
“朝・昼・晩”と時間帯によって、見せる顔が異なるのが魅力!

日中は、名物の「小籠包」や「大判焼」を買い求める人が列をなし、
夜は、昔ながらの「スナック」のネオンが灯り、レトロな雰囲気が漂う…
誰と行くか、いつ行くかで楽しみ方が変わってくる、「町田・仲見世商店街」。

次のお休みにでも、ふらりと足を踏み入れてみてはいかがでしょう?