お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

賃貸は”恋人”、マイホームは”結婚”!

AI時代のラジオ 好奇心プラス

今週は「AI時代、家は買うべきか否か?」に好奇心!

住宅問題にも詳しい、経済評論家の佐藤治彦さんと
AIを利用して不動産の適正価格を企業に提供している
株式会社おたに」代表の小谷祐一郎さんにお越しいただきました!

■ 経済評論家の佐藤治彦さん

フロッグマン日本全体、長期的にみたら家の価格は絶対に下がると思う、とのこと!
 人口の減少により空き家が地方だけでなく都心部でも多く出て来ている。
 ただ、大きな政策転換して、
      移民を沢山受け入れる事があれば、分からない・・・。」

伊東楓「佐藤さんが思うベストな家の選び方は、
 損得ではなく考えること!

 例えば・・・ポルシェに価値を見出す人、見出さない人がいる。
      自分の夢だからと購入して心を豊かにするのはあり。
      家は結婚と同じ、簡単に別れられない!
      賃貸は恋人!ということなんですね~」

フロッグマン人生、悲しい時には家を買わない方が良い、という名言も!(笑)」

■ 『株式会社おたに』代表の小谷祐一郎さん

フロッグマン「『株式会社おたに』は、全国約6000万件ある物件、
 その建物全部に(AIを活用して)価格をつける事が出来る
 『GEEO | 不動産の予測成約価格』のサービスを提供!」

伊東楓小谷さんは賃貸に住んでいるそうです!
 ローンに加え固定資産税などを払い続けなくてはいけない、
 いま買うには高すぎるかな、と。
      でも子供の為に色々とリフォームをしたいから買いたいと。
      そういった気持ちも分かります!」

AI時代、どんな時代になっていく!?

経済評論家の佐藤治彦さん
「何が起こるか分からないワクワク時代!
家を買う事は苦労も多いから、好きかどうかで決めるべき!」

『株式会社おたに』代表の小谷祐一郎さん
「不動産市場は、AIによって効率的に検索できる事になる。
一方で人生を作っていくことだから、自分にとって良いものは良い!
そういう感情の方にエッジが立ってくる気がする。」

ラジコでもお聞きいただけます。http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181019210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)