お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

自分にあったドリップコーヒーをいれてみよう

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

10月22日は『ドリップコーヒーの日』。
この日を制定したのは、コーヒー・紅茶などの通信販売を行っているブルックス。

秋が深まり、温かいコーヒーが美味しくなってくる10月、大切な人と一緒にカップを“ふうふう”しながら心も体も温める…そんなひとときを過ごして欲しいということで、「ふうふう」つまり「22日」に制定したのだそうです。

でも、コーヒーショップや、コンビニで、おいしいコーヒーが簡単に買えるようになって、ドリップに触れたことがないという方も多くなっているかもしれませんね。

ドリップコーヒーとは、挽いた豆をフィルターに入れ、お湯を注いで濾しながら入れるコーヒーのことを言います。フィルターには、種類がありまして、紙、金属、布といった素材の違いがあるだけでなく、目の粗さや形の違いもいろいろあります。

どんなドリップを使うかによって、味や香り、舌触りも違ってくるそうです。たとえば、金属のフィルターを使うと、酸味や繊細な甘みが楽しめますが、深煎りのコーヒーに使うと、味が濃すぎる場合も。こうした性質の違いをよく知る方たちは、ドリップを上手に使って、自分にあった一杯を丁寧にいれているようです。

実は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンも自分好みの一杯を毎朝大切にいれていました。
ベートーベンは、1杯のコーヒーをいれるために、60粒のコーヒー豆を自分数え、これを愛用のミルでひいて、ドリップでゆっくりコーヒーを入れていたと言われています。ベートーベンのお気に入りは、かなり濃いコーヒー。彼はこのコーヒーを朝食のときに飲んでいたそうです。

皆さんも、朝のひとときにドリップコーヒーを一杯いかがでしょうか。ベートーベンのように、名曲が頭のなかでひらめくかもしれませんよ。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。