お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

愛知の職人たちの工夫と技があふれる「きしめん」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

10月26日は「きしめんの日」
愛知県製麺工業協同組合によって制定された記念日です。

なぜ10月26日なのかといいますと、10月にしたのは食欲の秋だから、そして、26日にしたのは、きしめんの特徴である「つるつる」感があらわれている数字だから。
では、きしめんとはそもそもどんな麺料理なのか、改めて勉強したいと思います。

きしめんの特徴といえば、なんといっても薄くて平たい、あの形。厚さはおよそ1ミリで、幅は7ミリから8ミリが一般的です。ゆで時間は「うどん」のおよそ半分で済むといいますから、せっかちな方にはうれしい麺類と言えるでしょう。
ただ、ゆで時間が短いということは、そのぶん、のびるのも早いということ。いくら早くても、おいしくなければ、意味はありませんよね。

でも、愛知のきしめんは、濃い塩水を使うことで、のびにくい麺になっています。透明感があって、表面はつやつや、食感もつるつるして、なめらか。柔らかいのに、ほどよい弾力もあります。

また、きしめんは麺だけではなく「つゆ」にも特徴があります。だしをつくるときは、濃い味が出るムロアジ節を使い、これにあわせて、個性の強い「たまり」という調味料を使います。幅が広い「きしめん」は表面積が大きいので、味が薄くなりがち。そこで、しっかりした味の汁が必要だったのです。麺の上にのせるのは、薄く切ったかまぼこに、味付けをした油揚げ、それに、ねぎとかつお節。味や色のバランスも絶妙です。

一見素朴に見えるきしめんですが、愛知の職人たちの工夫と技がひとつのどんぶりの中で見事に共存しています。だから、こんなにも長く、郷土の味として愛されてきたのかもしれませんね。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。