お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

片山さつき大臣の週刊文春提訴。本人の説明責任は?

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

header_bg7

青木理さんのデイキャッチャーズ・ボイス。10月29日(月)は、

片山さつき大臣の週刊文春提訴。本人の説明責任は?

▼片山さつき・地方創生担当大臣は先週「国税口利きで100万円」と報じた週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、
発行元の文芸春秋に1100万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしました。
▼記事は「全くの虚偽だ」と主張しています。
▼週刊文春は18日発売の号で、税務調査を受けた会社経営者が2015年、国税庁に口利きしてもらうために
片山氏の私設秘書の税理士に100万円を支払ったと報じました。
▼片山氏は訴状で、「税理士が私設秘書だったことはない」と指摘。
税理士を経営者に紹介したことはあるが、100万円について「全く関知しない」と主張しています。
   
※以後、片山氏は「提訴中だから答えられない」の一点張り。本人の説明責任は?