お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

第五回『ビックカメラ・コジマpresents伊集院光とらじおと家電と』⇒Vitantonioの「温調ドリップケトル アクティVEK-10-K」

伊集院光とらじおと家電と

伊集院光とらじおと家電と

このコーナーは、とにかく家電に関する様々な企画をお送りしたいと思っています。

今回お送りしたのは、

物欲の波・ビックウェンズデー!!

●この企画では、ビックカメラやコジマさんの店舗で扱っている様々な商品の中から、伊集院光さんがプライベートの買い物で実際に購入した商品や、今、本気でほしいと思っている商品を紹介していくんですが…今回は若手リポーターの出井隼之介君が良い家電を買って、どうしてもそれをプレゼンしたいということでお願いしました。

俺の5つ星調査員 出井隼之介

今回出井君が購入したのは、ビタントニオの「温調ドリップケトル アクティVEK-10-K」です。

伊集院さんもノーマークだったというこの商品。いわゆる湯沸かしポットなのですが、沸かせる湯量はは800mlと少量。これで1万2千円は高い!と攻め込まれる出井。

しかし、コーヒーが好きな人間からすると、高くはない!と全く動じる様子はありません。

★では、実際使っている出井君にとって、アクティは何が優れているのか!?まず1つ目は、1度刻みで湯温の調整ができること

コーヒーを入れるときに好みの温度で入れるのはかなり大変だそうで、この商品を買う前は、普通の電子ケトルでお湯を沸かして、ドリップ用のケトルに移して、水をちょっと足して・・・という、かなり手がかかる方法をやっていたと。そもそも、人力で1度ずつなんていう調整を毎回するのは不可能だと。

さらにアクティがすごいのは、一度お湯を注いだ後にケトルを台座に戻すと、自動で設定温度に再加熱してくれるバリスタ機能と、前回注いだ温度を記憶してくれるメモリー機能がついてることです。

そして、見た目もオシャレ。艶消しブラックのかっこいいボディに、持ち手部分は天然の木が使われてます。ブルーボトル日本1号店の立ち上げメンバーとして活躍した、
トップバリスタが監修していますので、部屋に置くだけでちょっといい空間に。

また、出井君曰く、注ぎ口が細く長いことで、一滴レベルまで狙って水を落とせるとか。とにかく注ぎやすいそうです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

商品の詳しい情報は、ビックカメラ・コジマの店頭または、「ビックカメラ.com」をご確認ください。

▼放送音声は以下のタイムフリーでどうぞ!※11月6日(火)までお聴きいただけます。

第五回『ビックカメラ・コジマpresents伊集院光とらじおと家電とhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181031103922

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)