お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店 〜都立大学「やきとり鶏慶」秘宝焼き〜

伊集院光とらじおと

都内の美味しいと評判のお店がのシェフも「ランチ」や「ディナー」を他のお店で食べている事もあるはず!
「食のプロがお金を出してでも食べたいプロの味」を探して、桐畑トールさんが、その味を試食。
さらに、そのお店のシェフがプライベートで通うプロのお店を数珠繋ぎに、教えてもらうコーナーです。

都立大学「やきとり鶏慶の「秘宝焼き」

桐畑トールのシェフが行く店1101
1本の串には、4つのお肉が刺さっていて、味は塩焼き。「ワサビ」と「柚子胡椒」がお肉に乗っています。
気になる部位は、鳥の「内もも肉」の一部で、一番、柔らかい部分です。
1羽から、2個。串には、4個刺さっているので、1本作るのに2羽必要。
普通の焼き鳥屋さんでは、もも肉に混ざって刺さっている事もあるそうです。
数量限定なので、どうしても食べたい方は、お電話で確認してください。

●「シェフがオススメするお店」で有名なグルメサイト「ヒトサラ」からの情報●
【鶏慶】さんで、ぜひもう一品食べていただきたいのは『背肝(せぎも)』です。
背骨の内側についていることから背肝と呼ばれ、非常に柔らかく崩れやすい為、職人泣かせの部位と呼ばれる。
タレで味付けをした背肝を炭火でじっくり焼く事により、外はカリッと中はレア。
レバーより濃厚で、ほんのり苦く、噛めば噛むほど旨味が広がる一品です。
【鶏慶】さんは、東急東横線「都立大学」駅より徒歩5分です。

「やきとり鶏慶」

営業時間
火曜日〜日曜日
17:00〜23:30

定休日
月曜日(月曜が祝日の場合は、火曜日)

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」11月1日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181101104122

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 

ピックアップ