お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【年賀状にも使える】 字をうまく見せるには「砂時計」のバランスを意識するべし!

ジェーン・スー 生活は踊る

大人になると正式な書類に名前を書いたり、冠婚葬祭では受付の前で署名をしたり、年賀状を書いたりと丁寧に字を書く機会が増えてきます。でも、自分はヘタだから恥ずかしい…なんて思ってしまうこともしばしば。そこで!学生時代に数々のコンクールを総なめにし、書道の師範でもあるという蓮見孝之アナウンサーが今回も「字がキレイに見える方法」を教えてくれました。

前回の「今すぐできる! 字が『うまく』見える方法」もあわせてご覧ください。

「ボン、キュ、ボン! 砂時計を意識する」

最初のキーワードは“砂時計”。このテクニックは「縦書き」の場合に有効なものですので、冠婚葬祭の受付で芳名帳に名前を書く時にも使えますし、これから年賀状を書くという人にも使える方法です。では「砂時計」の意味ですが、自分の名前を縦に書いた時のシェイプ、バランスが「砂時計」ということなんです。試しに砂時計を紙に書いてみて下さい。

「蓮見孝之」で説明すると、苗字の下の文字「見」と、名前の最初の文字「孝」。この真ん中の二文字を気持ち小さく書いてみる。つまり全部を同じ大きさで書くのではなくて、真ん中を少し小さめに書くと、四文字の漢字が、ボン・キュ・ボン!まん中がくびれた砂時計のシェイプになりますね。実際に比較してみたのがこちら。

いかがでしょうか?縦書が苦手で年賀状も横書きだったアナタ、来年の年賀状は「砂時計」のテクを使って縦書に挑戦してみては!?

文字キャラを掴むべし

字には、それぞれ特徴があります。「つくり」、「へん」、「かんむり」、「画数」など。“上手く見せる技”を駆使するうえで抑えておきたいのは、その文字が持つキャラを理解して活かしてあげること。主に使えるキャラは3つ。「横長ちゃん」、「縦長くん」、そして「正方形さん」。性格がはっきりしているのはこの3つのキャラクターです。

例えば、漢数字の「一」「四」や、平仮名の“い”、は「横長ちゃん」なんです。その一方で、お月様、moonの「月」、平仮名の“う”、これは「縦長くん」。さらに「正」、平仮名の“あ”などは「正方形」さんということです。そういった字の特徴をちょっとだけ活かすことを意識して書いてみて下さい。

前回に学んだ「文字のサイズ」、そして「字と字の間=字間」とともに、文字のキャラ・特徴を心得ておくと、縦書きは上手く見えるんです。

それでは最後に蓮見師範からひとこと。

「字は心をこめて書きましょう!」

そうすれば、アナタが書いた文字が見違えるような、what a wonderful word!