お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」Part1▽鈴木謙介、速水健朗、永田夏来、南馬越一義、清田隆之、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年11月4日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

鈴木謙介(charlie) 撮影:ササキミチヨ

2018年11月4日
「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」Part1(26:45)

出演:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、永田夏来、南馬越一義、清田隆之、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇今日のテーマは「ファッション」
・ファッションの「分かる人・分からない人」格差(charlie)
・サイズが無いのでファッションに詳しくならなかった(c)
・コードやスタイルに対する向き合い方の変化(c)
 →これという決まりに縛られなくなってしまった現在(c)
・手を抜ける部分は抜く(リスナー)

〇Lifeパーソナリティとファッション
・2009年(発売初年度)のウルトラライトダウンを着用(速水)
 →今とは違うデザインやカラー(速水)
・Lifeがホームグラウンド!前回の「セイ君」メールでベストメール賞に(永田)
 →今日はワークマン着用(永田)
 →来年のトレンド予想の上位にも入るワークマン(塚越)
・2年で興味が変わるので古い写真だとまったくスタイルが違う(塚越)
・「内と外」の関係の変化(塚越)
 →無関心だからこそ何を着るべきか指南されたい(塚越)
 →一方で「好き」を追求する人たち(塚越)
・清田くんは「分からない」代表(c)
 →Mサイズから漏れてしまう人の立場から(清田)
・劇団雌猫『だから私はメイクする』発売(ひらりさ)
 →20代中盤までオシャレ迷子、最近ようやく納得できるように(ひらりさ)
・BEAMSのクリエイティブディレクターの南馬越さん
 →以前はバイヤー(南馬越)
・「モノからコトへ」を広げていく(南馬越)
・Lifeの哲学テーマのイベント帰りなのでマルクスTシャツ(宮崎)

〇バイヤー経験から見るファッションの変遷
・20年ほど女性ものの服を探して世界中へ(南馬越)
・女性向けストリートウェアの登場(南馬越)
 →ファッションのジェンダーレス化、海外との落差の無さ(南馬越)
・若い人がファッション誌を読まなくなった(南馬越)
 →かつてはファッション誌が総合文化誌だった(c)

text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2018/03/04「平成カウントダウン~この30年で何が変わったか」
https://www.tbsradio.jp/life/2018030430/index.html

2015/05/17「私たちは今、何を着ればいいのか」
https://www.tbsradio.jp/life/20150517/index.html

参考資料
BEAMSバイヤー 南馬越一義のお仕事だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

このパートでかけた曲
●シン&ふうか “体の芯からまだ燃えているんだ” (charlie選曲)
●Justin Timberlake “Suit&Tie” (南馬越一義さん選曲)
音量を上げて聴けタコ! 〜音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! オリジナルコンピレーションアルバム〜(初回生産限定盤)(特典なし)20/20 エクスペリエンス 2/2