お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」Part4▽鈴木謙介、宮崎智之、速水健朗、永田夏来、南馬越一義、清田隆之、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年11月4日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

斎藤哲也さん&宮崎智之さん(撮影:ササキミチヨ)


2018年11月4日
「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」Part4(26:41)

出演:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、永田夏来、南馬越一義、清田隆之、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇ちょうどいい服を求めて
・選ぶのはとりあえず黒い服(めろん先生からメール)
 →本当は自分だけが着られるエクスカリバーみたいな服を求めている(めろん)
・ちょうどいい価格で「ちょっといいもの」を出すブランドが駆逐された(リスナー)
 →ユニクロに行くかハイブランドに行くかを迫られる(リスナー)
 →中間の価格帯が下がったがハイブランドは相変わらず(c)
・ユニクロの台頭はファッションの民主化、豊かな社会のあかし(リスナー)
 →市場の拡大と価格帯の二極化でみんなが着るものは安くなった(c)

〇もはや自己表現ではない
・「目立つ」「目立たない」のバランスを重視(リスナー)
 →ファッションは自己演出、演出したい自分の数だけ服を買う(リスナー)
・ペルソナを掛け替えるものとしてのファッション(c)
 →重視するものが「個性」から「TPO」、「空気から浮かないこと」に(c)
・ユニクロのフリース登場以降、小説のブランドの描写が減る(倉本)
・古市憲寿『平成くん、さようなら』に登場する多くの固有名詞(倉本)
 →情報だけでアクセスする時代、バーチャルとの境目の無さの反映(倉本)

〇文脈フリーの価値観
・イベントサークルの減少(永田)
 →渋谷でコミュニティを作ることの特別感が無くなった(永田)
・ユニクロの普及と固有性の喪失(永田)
・「すべてがフラット化するのが平成」とんがった奴もださい奴も減った(リスナー)
 →JPOPのようにユニクロの流行も終わるか(リスナー)
・固有性がギリギリ機能していた時代の「歌舞伎町の女王」(永田)
・「五反田のありがたみ」のイタさ(倉本)
・文脈を欠いた90年代ギャルの描写「SUNNY」(c)
 →文脈を必要としない、文脈が伝わらない価値の立て方(c)
・「私自身」すら分解できてしまう(塚越)

〇Life関連アーカイブ
2015/10/25「なにが君のしあわせ?〜いま、承認問題を蒸し返す」
https://www.tbsradio.jp/life/20151025/index.html

2012/05/27「東京論2012」
https://www.tbsradio.jp/life/201205272012/index.html

参考資料
きらきらひかる (新潮文庫)平成くん、さようなら新装版 なんとなく、クリスタル (河出文庫)ギャルとギャル男の文化人類学 (新潮新書)渋谷音楽図鑑東京歌舞伎町の女王静かに、ねぇ、静かにだから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

このパートでかけた曲
●PIZZICATO FIVE “ベイビィ・ポータブル・ロック” (塚越健司さん選曲)
PIZZICATO FIVE JPN