お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

後悔しない老後を過ごすための“年代別傾向と対策”

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

今週の「再春館製薬所 健康一直線」では、精神科医の和田秀樹先生に「後悔しない老後を過ごすための“年代別傾向と対策”」をテーマにお話しを伺いました。和田先生は高齢者専門の精神科医として、ふだん高齢者に接している立場としては、老いに対する考え方が「老いに抗う」派と「老いを受け入れる」派に二極化してしまっていることに違和感を覚えています。医学の力に頼りながら一定の年代まで(目安としては70代)老いと闘うことは、何ら悪いことではないと思います。そしてその時が来たら、「老いの受け入れ段階」に移行します。そうした、ごくシンプルな向き合い方をすればよいと思っています。抗うにせよ、受け入れるにせよ、どの年代でどういうことが自分の心身に生じるのかを教えてくれる「人生の未来予測図」を携えていることが、私たちの大きな助けになりうると考えています。