お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

奇跡のお茶・ルイボスティー

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

あったかーいお茶がおいしい季節になりました。
ほうじちゃに緑茶、げんまい茶、それに紅茶やハーブティーもおいしいですよね。

いろんなお茶がある中で、いま健康茶として人気があるのが、ルイボスティーです。
日本茶や紅茶は、同じ「茶の木」の葉っぱから作られていますが、ルイボスティーは違います。「ルイボス」というのは、南アフリカに自生しているマメ科の針葉樹で、細長い葉っぱの部分を、発酵させ、乾燥させて、お茶にしています。

厳しい自然の中で育ったルイボスは、生命力が豊かで、産地の周辺の人たちは、古くからこれを「不老不死のお茶」「奇跡のお茶」として飲んできたそうです。日本でも、健康や美容への効果が期待されていて、女性を中心にとても人気があるようです。
また、カフェインがゼロで、渋みや苦味のもとになるタンニンも少ないので、日常的に飲める・・・という点でも人気があるようですね。

ただ、ときどき耳にするのは、
「あの独特の香りが苦手で…」という声。
「なんだか薬くさいような…」なんていう方もいます。

そんな方におすすめなのが、フレーバーつきのルイボスティー。
最近では、ルイボスティー専門のお店もあって、バラエティ豊かな香りが楽しめます。
オレンジ、レモン、ミント、フランボワーズに、ローズ・・・ルイボスティーの香りが苦手で、飲むのをやめてしまった方も、お気に入りのフレーバーを見つけて再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

それから、これは、あったまりたい方にもおすすめ、「ミルクティーにして飲む」という方法もあります。牛乳はもちろん、豆乳やアーモンドミルクを使ってもおいしい「ルイボスミルクティー」になります。

南アフリカでは、「奇跡のお茶」と言われてきたルイボスティー。
どんな奇跡が起こるのか楽しみにしながら皆さんも飲んでみてはいかがでしょうか。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。