お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

公開録音、会場の空気をそのままに!【即興詩人】(後篇)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】 

今週は先週に引き続き、1022日に行われた公開録音の様子をお届けしました。
作品はアンデルセンの『即興詩人』で、ゲストは俳優の田代万里生さんと、
ヴァイオリニストのNAOTOさんです!

 

朋子さんと田代さんの言葉の掛け合い、そしてNAOTOさんとの音の掛け合い。三人の化学反応によって生まれた素敵な音色、言葉の粒と音の粒、それぞれを聞かせるが絶妙です!

 即興詩人はもともと物凄く分厚い本で、原作を読むのはひと苦労ですが今回はラジオドラマ用に分かりやすくまとめられていたので、物語の世界に自然と引き込まれた方も多いのではないでしょうか。

 勘違い、すれ違い、しかしずっと繋がっていた心。
こうしてあなたの詩を作り、香り立つ不滅の花として、あなたを再び輝かせよう
前篇で出てきた即興の詩が、後篇ラストに再び違う形で心に響いてきます!
切なさの中に、ほんのり温かさが残る作品でした。

 

 会場ではラストシーンに涙されている方も何名かお見かけし、
朋子さんと田代さんとNAOTOさんの作り出す世界観、
そしてその場にいた全員の力が素敵な空間を生み出したのだなぁと感じておりました。

 「音楽が、時に言葉を超える瞬間がある」と、田代さん。
「ラジオドラマのBGMとして、いかに芝居を引き立てる存在になれるかを考えた」と、
NAOTOさん。
それぞれを尊重し合い、エンターテイナーとして作品作りに向き合う姿は、
お二人とも本当に素敵です。

 豪華なゲストさん同士のコラボレーションで行われた今回の公開録音。
スタジオ収録とはまた違った空気感で、
視覚的にもラジオドラマが立体的になる瞬間を味わえる贅沢な時間でした

ご応募・ご観覧いただいた皆さま、ありがとうございました!

 by 永瀬千裕

 

~オススメの本~

ゲスト・田代万里生さん
『マリー・アントワネットの暗号:解読されたフェルセン伯爵との往復書簡』

 ゲスト・NAOTOさん
『屋根裏の散歩者』/江戸川乱歩

 中嶋朋子さん
『はるかな国からやってきた』/谷川俊太郎
『タゴール 詩集 螢』
『はかれないものをはかる』/工藤あゆみ

ピックアップ