お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

日本やアメリカの『ネット世論』を読み解くキーワード『非マイノリティポリティクス』とは何か?

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

dc_header_bg7

★9日(金)は特別企画をお送りしました!
「ネット世論」に詳しい文化人類学者の木村忠正さんをゲストにお迎えし、金曜デイキャッチャー・社会学者の宮台真司さんと、日本やアメリカの『ネット世論』を読み解くキーワード『非マイノリティポリティクス』について掘り下げました。

木村忠正さん

【木村忠正さん プロフィール】
木村忠正さんは、1964年(昭和39年)、東京都の出身。東京大学・大学院の総合文化研究科や、ニューヨーク州立大学・大学院のバッファロー校で「文化人類学」を研究。その後、1990年代半ばからインターネットの可能性に着目し、ネット世論の研究、デジタルネットワークの社会的普及に伴う社会文化の変容などを研究テーマとしています。

※11月1日発売の木村さんの新著「ハイブリッド・エスノグラフィー。ネットワークコミュニケーション研究の質的方法と実践」

日本やアメリカの『ネット世論』を読み解くキーワード『非マイノリティポリティクス』とは何か

 

●11月6日に行われた、この2年間のトランプ政権への「通信簿」ともいえる中間選挙が行われ、上院は共和党が多数派を維持する一方、下院では民主党が過半数を奪還しました。

●デイキャッチでは、この中間選挙を「ネット」に焦点を当てて、金曜デイキャッチャー・宮台真司さんとともに検証しました。

宮台真司さん

★放送の模様は、「TBSラジオクラウド」でお聴きください!